究極の夜の習慣

【究極の夜の習慣】

夜にどうやったらリラックスできるのか
すぐにベッドに行って熟睡できるのか
どうやってリセットできるのか
これらの方法について話していきます。

1、ブレイクの時間を作る

エクササイズをしたり、
ヨガをしたり、散歩をしてみたりとか。
働いて、すぐにご飯を食べてではなく
少しだけでも5分でも10分でもブレイクを入れる
マッサージしたり、瞑想をしたりする。

2、寝る1時間前以降はテレビ、iPhone

パソコンなどの『画面を見ない』ようにする
そして画面の光を浴びないようにすること。
また特にFacebookなどを見ないように。
それらを見ると興奮するドーパミンなどが出てしまうから。
自分のベッドルームには携帯などを持っていかないように。
その代わりに、お風呂に入ったり、アロマをたいたり
瞑想したりして、リラックスできるようにする。

3、感謝の日記を毎日つける 

質の良いノートとペンを使って
自分の人生で感謝できることを考えて
それらを書いてみるということ。
それらを書くことによってポジティブなことを考え
不安のないまま眠りにつくことができる。

4、リラックスできる環境を作る

寝る3時間前に食べたり
夜は油濃いものを食べないようにしたり
食べ過ぎないようにする。
また寝るときは真っ暗闇にすること。
テレビの赤い光とかさえも本とかで遮ること。
すこしでも音でも、光でも、電磁波でもあたると
睡眠を妨げることが科学的にも証明されている。
心地よい状態で前向きな気持ちを持って
そんな未来をイメージして寝るように。

すると、いつめ希望を持った人生を歩むことができる。

そして、これが僕が呼んでいる『完全無欠のライフスタイル』です。