真の引き寄せの法則の使い方


【真の引き寄せの法則の使い方とは?】

ザ・シークレットという本やDVDがベストセラーになりました。
そこでみんな感じた事が
「俺はこんなにイメージしてるのに夢が叶わない」
ことでした。

実はシークレットには使い方を知らないために引き寄せられなかったのです。3つのステップに分けて、
どうすれば本当に引き寄せの法則が使えるのか話しています。

1、言語化

なぜ目標を達成できないのかというと
書いていても行動に落とし込めていないのです。
ポイントは具体的にノートに書き出す必要があるのです。
例えば「目標は年収1千万円」だったとしたら
『コーチングの契約で3ヶ月30万円のクライアント契約を30人、
 5万円のセミナーを1年20人集める』というように
内訳をより具体的に書いていきます。
そして書き出すだけじゃなく、読みます。
それをインカンテーションとかアファメーションと言って
感情を込めて読みます。
何度も何度もわかりやすく具体的な行動に落とし、それを読む。
ジムに行くときに、公園で散歩しているときも
インカンテーション繰り返し行い続けたから、今まで夢を叶えてきました。

2、すでにそれが叶ったかのように行動する

年収1千万円になったら行きたいところややりたい事があると思います。
打ち合わせは高級ホテルでやるとか、どういう勉強をしているか、
どんなセミナーをしているか、を考えて先にやってしまうのです。
自分が成功しているというマインドを持って行動すると
結果は後からついてくるのです。
今でこそ私は累計15万部のベストセラーになりましたが、
発売当初は全く売れませんでした。
「ベストセラー著者になる為にはベストセラー著者のように振る舞え」
と言われて人に価値を与えたり、書店に挨拶に行ったりと
行動した結果今はベストセラー作家になれたのです。

3、ここが始めてビジュアライゼーション。イメージング。

イメージをするわけですが、1時間瞑想をするといったものではなく
もっと簡単で良いんです。
例えば朝起きた時に1年間で起きてほしい事をイメージします。
ポイントは感情を入れて、音や感覚を意識することです。
もう1つはその日1日で起きてほしい事をやります。
私も英語でビデオを撮影して「英語で失敗したらやだな」
と思っていたんですが、イメージングをすることで
一発で撮ることができました。
まず朝、1年間の目標、その日1日起こってほしいこと。
夜は1年間に起こってほしい目標、
プラス今日起こった事に感謝します。
悪い事が起こってもそれが良くなるようにイメージングします。
方法は、1分間ベッドの上や椅子に座って目を閉じるだけです。

この3つやり続けてもらえれば、
必ずあなたも引き寄せられるようになります。
あなたもどんなに大きな夢であろうと、野望であろうと、
ビッグチャレンジであろうと必ず毎日やって下さい。
これを3つの言語化、それが叶ったかのようにこうどうし、
ビジュアライゼーションすることです。
これをやってあなたの夢とか目標とかを叶えてほしいと思います。