どのようにして怒りに対処するか?

【どのようにして怒りに対処するか? 】

何かが起こってから

怒るまではスペースがある。

要するに、そのスペースで

怒るか怒らないのか、

反応を選ぶことができるのです。

例えば、

満員電車で足を踏まれたり、

悪口を言われたり、

怒りたくなるようなことは

誰でもあります。

こういう怒りたくなる状況の時に

どんな風にして対処できるか、

について今日は話していきます。

1、待ってみる

すぐに『あーだったじゃないか』

『こうだったじゃないか』

じゃなくて、

まずは、深呼吸をして待ってみる。

瞑想をしてみる。

例えば、誰かから嫌なメールが来た

などがあれば24時間ルールを

使ってみる。

その24時間で、

お風呂に入ったり、

寝たりしてみる。

そして24時間経って初めて

反応をする、返信をしてみる。

怒りやイライラした気持ちで、

返信するのではなく、

まず待ってみること

とても重要なのです。

2、意味づけを変えてみる

誰かが何か言った時に

自分が受け取った意味と

その人が言った意味が

違うときがあります。

だからその人がどんな意味で

その言葉を発しているのかを

相手の立場になってよく考えて、

正しい意味で受け取るように

していきましょう。

3、自分自身の最も良い

状態から怒りを対処してみる

余裕がない時というのは、

怒ってしまうことも多いです。

そこで考えてほしいことは

自分が最も良い状態だったら、

どんな反応をするだろうか、

または、自分のメンターや

尊敬する人はどんな反応を

するだろうか、と考えて

そういう状態になってみる

ことです。

そうすれば、

余裕を持ってそういう人に

対処してあげられるように

なります!

4、自分の人生の中の優先順位を考える

人は、批判されたり、

怒られたりすると、

そのことがすぐに自分自身の

優先順位の上にきてしまうこと

があります。

しかし、まずは自分自身の

やるべきことをしていきましょう。

仕事を終わらせたり、

家族と時間を過ごしたり、

気の合う仲間と会ったりなどです。

そして自分のやるべきことを

終わらせてから余裕を持った状態で、

反応したり、返信してあげたり

することです。

究極的に言えば、

『怒り』とは自分が

選んでしまっている感情、

です。

完璧は無理ですが、

自分自身が常にハッピーで

いられるように

自分の感情を研究したり、

上記の4つの方法を

使ってさらに幸せな気持ちに

なれるようにしていきましよう!

それが僕の呼んでいる

『完全無欠のライフスタイル』という生き方です!