どうやれば手放せるのか?

【どうやれば手放せるのか?】

過去に起こった嫌な出来事や、
上司に怒られたこと、
人から悪口を言われたこと。

どうすればこれらの
辛い記憶を手放せるのか。
今日はこの秘訣を
あなたに伝えていきます!

まずはじめに、
僕らは生まれ育ってきた
環境が違うので、当然
意見の違いが出たり、
誤解が生まれたり、
喧嘩したりすることが
起こりうります。

そしてこういうことが
起こりうるということを
想定しておくことは
大前提になります。
僕が父親から教わったことで
一番心に残っていることは

『人を尊敬しなさい』

ということです。

『人それぞれ違う経験を今までに
してきていて、みんな違うんだから
人を尊敬しなさい』
『たとえ人が違うことを
言ったりしたりしても
そのことを尊重してあげなさい』

そう教えられました。

ビジネスをしていたり、
仕事をしていれば、
気が合わない人は必ず出てきます。
でもどうすれば、その嫌な気持ちを
手放して次に行けるのか、
これについて話していきます。

1、あなたはどういう風に扱われたいのかを学ぶ。   

例えば、あなたが仕事をする中で、
自分の意見が通らないこともあります。
しかし、ここであなたは
どういう風に自分が人から扱われたいのかを
学ぶことができます。

多くの人が自分が人から
どういう風に扱われたいのか
わかっていません。
だから好きとか嫌いとか
言えないわけです。

自分がどのように扱われたいのか
を学べたら、それを上司や仲間に
伝えていくようにしましょう。
そうすると
自分が扱ってほしいように
周りの人たちも扱ってくれるように
なっていきます。 

2、自分はどのように人に対応してあげたいのか考える。 

これを読んでくださっていて、
僕のストーリーを知っている人が
いるかもしれないですが、
僕は、昔いじめられていて
それで傷つきました。

なんで自分はいじめられるのかな。
どうして自分は他の人に
受け入れられないのかな、
どうして自分は友達ができないのかな、
そう悩みました。
でもその時思ったことは、
『自分は傷ついた分、人を傷つけたり、
いじめたり、人を陥れたりすることは
しないようにしよう
と決めたんですね。

まず、自分がどう扱われたいのか
を学んだら、自分はどう人を
扱ってあげたいのか、
これについて学んで、
実践するようにしていって
みるようにしてください。  

3、あなたは何を得たいのか?

 
自分の人生の中でどういうことを
やっていきたいのか?
自分には嫌なことが起きたけど、
代わりに何をやっていきたいのかを
僕は決めていました。

僕は中高といじめられたって
いうのがあったんですけど、
だからこそ将来、家族や友人を
大切にしていこう。

高い成長意欲を持った仲間や、
自分にやる気を与えてくれる
仲間に囲まれたい、
そういう人たちと
一緒にいようと
決めたわけです。

それで今どうなったかというと、
実際にそうなってきています。
だからもしあなたの身に
何か忘れたいことが起こったとか、
嫌なことがあったとか、するならば
そこから学ぶことです。

そしてそこから何を
自分が得たいのかを決めて、
そういう風になっていくのです。
引き寄せたい。
そういう人たちに囲まれたい。

得たいことを決めると
どんどんどんどん
周りにそういう人たちが
集まったり、そういう経験を
していけるようにもなります。

結果的に、過去に自分に起こったことも
手放せるし、そこから
さらに成長した自分になれます。

これが僕の呼んでいる
『完全無欠のライフスタイル』です!