どうすれば読書を実生活に活かせるのか?

【どうすれば読書を実生活に活かせるのか?】

あなたのように勉強熱心なたくさんの人は

成長したい、成功したい、収入を上げたい

と言って本を読んでいると思います。

ただ、実はその中でもたった1%ほどの人しか、

読んだことを実生活に活かせていないんです。

なぜなら読書で学んだことを『行動に移す方法』を

知らないからなのです。

今日は、この読書で学んだことを行動に

移し、自分のものにする方法について話します。

僕自身もビジネスを始めようと思ったのは、

本を読んだことがきっかけでした。

本というのは、その分野で一流の人たちが

まとめたものが詰まっています。

そしてそれが約1500円ほどで販売しているわけですから、

その額を投資するのはかなり安いことです。

では、僕が本を読むときにどんなことに

気をつけているのかを3つのポイントを紹介します。

1、自分が本からどんな結果を手にしたいかを明確にする

例えば、本を買うときに本屋に行ってランダムに

手を取り買ってみる方法もあります。

しかし、目的意識を持って本を買うようにしてみる方が良いです。

ダイエットをしたいならダイエットの本を

買って読んでみたり、

目的意識を1つ持つんです。

自分がどんな悩みを持っていて

どのようにぞれを解決していきたいのか、

まずは、これを明確にしてください。

2、1ページ1ページ読むのではなく飛ばし読みをする

実は、本を読むときに

最初の一文字目から最後のページの1文字目まで

読まなければいけないというルールはないんです。

面倒臭くなって途中で本を読むのをやめよう

という経験はあなたもあると思いますが、

これも全てを完璧に読まなければならない、という

ルールで自分を縛っちゃっているからなんです。

そうではなくて

目次を見て『ここが面白そうだな』と思ったら

そこを先に読んでもいいのです。

先に答えを見てもいいわけです。

そしてまずは満足感を得て、

この本はいい本だな。

知りたいことが書いてあるな。

そう思うことが大事なんです。

『箇所箇所から答えを見つける』

この意識で本を読み進めるようにしてみてください。 

3、即行動に移す

本を読んで『いい本だな』

だけで終わらせたら意味がないです。

本を読むことが目的ではないのです。

何か1つアイディアを得た、知識を得たら

即行動に移す。

この癖をつけてください。

そうすると本を読むたびに

1個新しい行動が取れるようになります。

その積み重ねで

新しい出会いがあったり、

新しい学びがあったり、

新しい仕事のやり方が見つかったり、

結果、あなたの人生は変わっていきます!

何か答えを探したら

どんなに小さな行動でもいいので

行動を取ってみる! 

これらの3つのポイントを意識して

仕事や実生活の役に立ててください!

これが僕の呼んでいる『完全無欠のライフスタイル』です!