いつ人間関係を終わらせるべきか?

夫婦関係、ビジネスパートナー、従業員との関係、
どういうサインがあった時に人間関係を
終わらせるべきなのか。

大前提として、感情的に人間関係を
終わらせるのは難しいということを
覚えておく必要があります。

しかし、これから話す3つのサインが
見えた時には人間関係を終わらせることも
考えなくてはなりません。

1、暴力があった時
男性、女性としての間で、暴力があった時。
ほとんどないと思いますが会社の中で
暴力があった時。

どんな理由であろうとも、
どんなにその人との人間関係が
長かったとしても暴力があった時は、
それは人間関係の終わりの時です。

なぜならそこで終わらせなければ、
あなたがその暴力を振るった人に
『この人は暴力を振ってもいい人なんだ』
と思わせてしまうからです。

必要であれば、必ず誰かに相談したり、
助けを求めましょう。

2、何度も話し合った結果、それでもうまくいかなかった
誰かと人間関係を終わらせる時は、
1度、必ず話し合いの場を
持つようにしてください。

もちろん1度だけでは
不十分なことも多いので、
2度、3度と話し合いの場を持ちましょう。

そこで大切なのは、
『1度話し合った後に自分がどう変わるのか、
さらにその人がどう変わるのか』を見ること
です。

1度話して、1か月後にどんな風に変わったのか、
2度目はどうだろうか。

なるべく実際に会って、
直接話す場を持つとベストです。

さらに話し合いの場では
しっかりと本音で話すことです。
伝えなければいけないことを
本音で伝えましょう。

会社の中では、
期日を伝えて、改善を促すことも効果的です。
そこでどのように改善されていくかを
見極めましょう。

3、嘘を何度もつかれたとき
男女関係の中でも、
ビジネスパートナーとの関係でも
嘘をつかれたときはそれは
危険のサインです。

なので、何度も嘘をつかれたり、
騙されたりする時は、
あなたがその人から離れる、
もしくは距離を置くサインになります。

もし何度も何度も嘘をつかれるのであれば、
『なんであの人は嘘をつくのだろうか』
そう考える必要もないです。
とにかく離れることです。

今日は3つのサインについて話してきましたが、
まず何よりも大事なのは、『誰かに伝える事』
です。

自分が助けが必要であるという事を
伝えてください。それだけでもまずは
気持ちがとても楽になります。

もしあなたが、これから生活していく中で
このサインがあるなと思ったらそこから
離れる事を考えてみてください。

そうする事によって、
あなた自身が本来なりたかった
自分になれるし、

自分の人生を変える大きな
一歩となります。

それが僕の呼んでいる
『完全無欠のライフスタイル』という生き方です!