【どうやって他人の見本になるか?】

【どうやって他人の見本になるか?】

最近、家族やカップルの中でも会話が減り、
携帯をいじっていたりしてコミュニケーションが
取れていない光景をよく見るようになりました。
もし相手の見本になってあげたいとしたら、
いくつか必要なことがあります。

1. 近くにいる

見本になってあげたいと思う人に対して、
その人に集中してあげる。
悩み事を聞いてあげる。
相手に何か気にかけているんだと行動で表す。
多くの人が、自分のことを考えてしまって
相手は自分を気にかけていないと認識するので、
見本にしたいと思わなくなります。
見本になってあげたいならば、近くにいて
その相手に集中してあげてください。

2. ポジティブなエネルギーを渡す

相手のダメなところばかり伝えてしまうと、
例え改善しないといけなかったとしても、
相手はこの人といたくないと思ってしまいます。
なので、ポジティブなイメージ、
褒める、良いこと伝えてあげる。
その人の可能性や楽しい未来について
話してあげてください。

3. 本当にやりたい事を一緒に探してあげる

多くの人は自分がこれからどうしたいのか、
やりたい事を分かっていません。
あなたと話す事によって、
自分が本当は何をやりたいのか、
真実は何なのか?というところ、
その人にとってどんな将来を送れるように
なるかという所を教えてあげてください。

4. 今やっている仕事・プロジェクトを終わらせる

誰かがあなたを見本にするとなったら、
あなたは自分のやっている事を
達成していってください。
人は、行動する人、結果を残す人を尊敬します。
本の出版、大勢の前でセミナーをやるなど
小さな事でも一つ一つ達成する事が大事です。
行きたい所、やってみたい事は調べる。

まだ行動に移せていなかったら、
やりたい事を達成するには何が必要か
考え具体的に行動してください。
そして、一人ではなく誰かと
一緒にやってみてください。

ビデオを見てる人は、
次のレベルに上がろうとしている人
影響を与えようとしている人です。
あなたは人に影響を与えられます。

今日、自分は何ができるだろう?かと
毎日考えながら人のいい見本になってください!
これが僕が呼んでいる、「ハイパフォーマーな人生」です。