【どうやって良い決断をするか?】

【どうやって良い決断をするか?】

あなたの現在の状態は日々の決断の結果です。
人は1日の中で、小さな決断から大きな決断まで
何回もの決断をします。その積み重ねが、
今のあなたの状態に反映されているのです。
そこで今回は、どのようにしたら良い決断ができるのかを
3つのポイントにまとめました。

1.より早く決断をする

多くの人が決断を遅らせるためにチャンスを逃しています。
例えば仕事をやめようと思って、数年も経ってしまう人と
早く決断をして次のステージに行く人とでは、成長の早さが違います。
転職や独立を早く決断すればするほど、
新たな人との出会いがあったり、新たな経験ができ、
人生の質が高まっていきます。
失敗することもあるかもしれませんが、
早く失敗すれば、改善の方法もそれに応じて
早く学ぶことができるのです。

2.決断の条件をつける

あなたがその決断をする理由をよく考えてください。
その決断をしたときに得られるメリット、デメリットを
実際に紙に書いてみてください。
多くの人が頭で考えているだけで、詳細を整理できていないため
決断を先延ばしにしてしまうのです。
条件を普段から整理する癖をつけて、
より良い決断ができるようにしてください。

3.充分なリサーチをする

決断をして後悔することはよくあることかもしれません。
失敗から学ぶのもとても大事ですが、
できれば後悔のない決断をするために、
決断をする前にしっかりとリサーチしてください。
例えばあなたが何か商品を出したいときは、
市場・ターゲット・競合など様々なことを
調べる必要があります。調べ方にはいろいろありますが、
あなたが得たい結果を、既に手に入れている人に直接
聞いてみるのが良い方法です。
なぜうまくいっているのか、どういう商品が売れるのかなど、
成功している人に直接聞くことはとても効果的ですので
ぜひ実践してみてください。

今回ここにあげた3つの方法は、
小さな決断、大きな決断、どちらにも有効です。
あなたの得たい結果を手にするためにも、
普段から良い決断をすることを意識し、
決断の質を高めていってください。