【どうやってより他人に価値を与えるか 】


【どうやってより他人に価値を与えるか】

今回は僕が日頃から意識している
「人に価値を与える方法」を
3つのフレームワークにしてみました。
人に価値を与える生き方をしていると、
生き甲斐を感じることもできますし、
自分の収入も上がっていきます。

1.良質な質問をする

企画を考えるときや、計画をたてるとき、
多くの人はあまり考えずに進めてしまいます。
過去のやり方をそのままやったり、
人から教えてもらった方法を試そうとします。
そうではなく、例えば
「どんな人にインパクトを与えたいか」
「そのために必要なもの・スキルは何だろうか」
などと、一から作り上げるつもりで考えるのです。
このときに、良い質問をするためには、
自分が良いと思う質問を日頃から集めておくことです。
本やネットを見ていて、ピンときたときには
ノートやパソコンにメモをしておきましょう。
人生の質は質問の質です。

2.あなたがハブになる

ハブというのは中心という意味です。
あなたの所属するネットワークで中心的な存在になってください。
あなたがその中心になれば、他人が何かを必要としているときに、
人を紹介することができます。
僕の場合、コピーライターやマーケッター、カメラマンなど
たくさんの人を紹介することができます。
あなた自身が価値を提供することができなくても、
人を紹介することができれば、価値を与えていることになります。
紹介を頼まれるような影響力のある人になってください。

3.自分自身に挑戦する

あなたが何かをやろうとするときに
自分に質問してほしいことが3つあります。
1つめは「これは自分のベストだろうか」ということ。
そうすることで、あなたは自然とより良い
価値を人に与えることができるようになります。
2つめは「これは他の人と比べてユニークだろうか」ということ。
他の人と似通ったことをやっていても、
あなた独自の価値を与えることはできません。
僕は常にこれを意識しています。
普段から情報収集をして、人と違うことをやるように
心がけてください。
3つめは、「自分の心・感情が表現されているか」ということ。
人と話をするときや、セールスをするときなど
何をするときでもいいですが、あなたの想いが
相手に伝わっているかを意識してみてください。
人は感情の生き物です。あなたの想いが伝わるか
どうかでその人が動くと言っても過言ではないのです。

ここで話したことは基本的なことですが、
日頃から意識をするだけで、
今までの何倍もの価値を与えられると思います。
どうやったら人や社会が良くなるかを常に考えていれば、
あなたが仕事や友人、お金に困ることはありません。
ぜひ周りの人たちも、あなた自身も豊かになって
ハイパフォーマーの人生を生きていきましょう!