【ありのままは正しいのか?】

【ありのままは正しいのか?】

最近テレビや映画などで、「ありのままでよい」という
メッセージがよく流れています。
あなたはありのままの自分でいい、そのままでいい、
という意味合いですが、果たして本当でしょうか。

もちろん、自分らしさを大切にすることは重要です。
親や先生の価値観、社会のルールに染まって、
本来の自分を抑え込む生き方はよくありません。
個性を大切にするという意味ではとても大事です。

しかし、「ありのまま」の意味を勘違いして、
自分勝手に生きたり、努力を怠ったりしている人が
いるのも事実です。では、どうすれば本当の意味で
「ありのまま」になれるのでしょうか。

1.他の人に嫌な思いをさせない

当たり前のことですが、自分らしく生きることで、
周りの人に迷惑をかけてはいけません。
例えば、最近はSNSで簡単に自分のメッセージを発信できますが、
それを見て不快な思いをする人がいれば、
自分らしいというよりは、単に無礼なだけです。
自分らしさも大事ですが、他人を思いやる気持ちは忘れてはいけません。

2.ありのままの自分を恐れない

やりたいことがあるのに、苦手だからといって
行動しないのは良くありません。
現状維持が「ありのまま」ではないのです。
僕の場合も、最初は話すことが苦手でしたが、
人に影響を与えたいという思いは強かったので、
話し方を学んで、練習した結果、
今では何百人もの前で話すことができるようになりました。
イジメられていた昔に比べたら、大きな進歩です。
苦手意識や恐れを捨てて、自分のやりたいことを
実現できるようにしてください。

3.どういう自分になれるかを探る

あなたが仕事やプライベートで数年間同じことを繰り返しているなら、
一度そこから抜け出してみることを考えてください。
新しいスキルを身につける、新しい人に会いに行く、など
やれることはたくさんあります。
ありのままの自分を認めつつ、新しい自分を発見してください。
そして、新しい自分を認められるようになれば、
さらに自分が好きになります。

「ありのまま」とは、現状維持のことではありません。
人は成長することや進化することを好む生き物です。
今の自分自身、環境を認めつつ、どんどん次のことに
チャレンジして、新たな自分を楽みましょう!