どうやって自分を受け入れるのか?

 

どうやって自分を受け入れるか

 

こんにちは井口晃です。

今日あなたにつたえていくのは、

どうやって自分を受け入れるのか。

これの3つの方法について話していきます。

 

多くの人と、僕はセミナーで通じたり、本の感想をもらったり、

ライブキャストだったり、この動画を通じてもそうですけども、話しています。

そして、そこに来る質問は、どうやったら自分を受け入れられますか。

自分のことがあまり好きじゃない。

自分は過去こんな失敗をしてしまった。

自分が嫌いです。自分のことが好きじゃない。

 

たくさんの人からこうやって聞きます。

 

あなたにわかってほしいのは、自分を受け入れるということは、

まず、第一にやるべきことをやってほしいことなんだ。

そして、それは必ずしも苦労しなきゃいけない、

ということではないんです。

どういう意味かというと、多くの人が自分に対して高いハードル、

高い基準を設けすぎなんですよ。

 

つまり自分に対して厳しすぎる。

自分はこんなこともやった、こんなこともやった。

でもこのちょっとしたところだけはできてない。

だから自分は成功してないんだ。

自分はダメな人間なんだと。自分に対して厳しすぎる。

これは日本人の特徴なんですけども、そういう人がものすごく多いです。

だから自分を追い詰めてしまったり、孤独になってしまったり、

自分というのはだめな人間じゃないかと思いがちなんです。

 

でも、実際にはそうじゃなくて、人生っていうのは、

ひょっとしたら、大学に落ちたかもしれない。

ひょっとしたら自分が行きたかった会社に落ちたかもしれない。

ひょっとしたら自分が好きだった人にふられたかもしれない。

ひょっとしたら自分がこれはやるって思った目標、

プロジェクトがうまくいかなかったかもしれない。

 

でもそれもOKなんです。それも全部含めて。

それも受け入れる、ということなんですね。

 

まず、第一に受け入れる方法の一つ目は

受け入れるということは、力だ

ということです。

 

何かを受け入れると、そこから何か対策が立てられますね。

受け入れたくなくて、自分はそんなの嫌だ。

これは自分は絶対に受け入れない。てしていると、

いつまでも苦労をする、いつまででも戦うことになります。

 

そうじゃなくて、一度受け入れるその結果。

それを受け入れたうえで何か新しい方法を学んでみる。

新しい人に頼んでみる。新しいことにチャレンジしてみる。

これが大事です。

まずは受け入れるということは力だ、ということを覚えておいてください。

 

そして2つ目に大事なことは、

受け入れるということは、必ずしもその結果を好きにならなきゃいけない

ってことはないのです。

 

例えば僕の父親が2年前に癌になって、

しかも末期のステージ4の癌になって、そして胃癌でね、

余命が4か月くらいしかないとお医者さんには言われました。

で、その結果を僕らは受け入れざるを得ないわけですよね。家族として。

僕も次の日に会って話しましたけど。

でも、受け入れるということ別に、その結果通りに従わなきゃいけない。

その結果を好きになる必要はないわけです。

僕らはできることは本当に全部やりました。

放射線治療とかはできない、手術もできない状態だったので、

漢方とかいろんな本当にありとあらゆる、癌が治るというものを試したし、

最終的に漢方というのを試しました。

そしていろんなサプリメントも飲んだりとか、

色んな僕が知る限り、世界に存在してる限りの治療法を

全部試しました。

その時に、父親と話をしている時に、そのお医者さんが言った4

か月というのに、別にそれを必ずしも従う必要はないよ。と。

そうなるかどうかはわからないし。

 

だから、あなたが何か結果が起きた時に、

それを一回もちろん受け入れる必要はあるんだけど、

その通りになるとかはいらないです。

 

例えば、父親から、あなたが小さいころに、お前はこういう人間だ。

もしくは母親から言われた。学校の先生から言われた。

一回受け入れます。

でもそれがその通りになるとは限らないわけですよ。

そこからあなたがどういう行動をとる、どういう自分を変えていく、

どういう行動を変えていく環境を変えていく、これはあなた次第。

だから、別にそこを気にする必要はない。ということです。

それを受け入れて、何かを変えていけばいいということです。

 

三つ目にどうしたらいいかっていうと、

より自分を受け入れるんだけども、そしてじゃぁ、それを受けたうえで、

新しい自分はどうなりたいのか、本当の自分はどうなっていきたいのか。

これを考えることです。

 

本当は自分は何をしていきたいのか。

今の自分はひょっとしたら収入が低いかもしれない。

でも本当はどれくらいになりたいのか。

それに向けてどんな努力をしていくのか。

 

例えば、僕の場合で、今アメリカで本を出したりとか、

セミナーをしたりしていく。

で、ただそこまで日本ほど僕の名前は知られてない。

日本ほど有名でもない。でもそれをまず受け入れます。

そうだなって。

俺は日本ではずっと10年間やってきたけど、

アメリカでは知られてないんだな。

それを無理に、俺は有名だよとか言ってもしょうがないです。

受け入れるんです。

でも、じゃぁ、そこからどうなりたいのか。本

当はどういう自分になっていきたいのか。

じゃぁ、アメリカでももっと多くの人にメッセージを伝えていきたい。

じゃぁ、そのためにもっといろんな行動をとっていく必要がある。

本をもっと出版していく必要がある。

ポットキャストをやっていく必要がある。

もっとアメリカで時間を過ごす必要がある。

もっと今までの2倍、3倍、4倍、5倍、10倍努力していく必要がある。

受け入れるわけです。

 

そうしたら、それっていうのが、

本当の自分というのが見つかるわけです。

受け入れない限り自分自身が本当になりたい自分とかが、

明確になることもないし、

過去に一回受け入れてあげる。

許す。そして許すということですよね。

許して、そして信頼するということです。

 

僕自身、パワートークっていう本にもかいてるんですけど、

僕と父親ってそんなに中学高校の頃は仲良くなかったです。

でもあるときにきっかけがあって電話して、

父親が過去に厳しいことを言ってきたりとかあったんだけども

それらを許したわけです。

受け入れたわけです。

そのプロセス、ある許すエクササイズというのをやって、

それを信頼んですよね、そして許したらあとは、

いつまでも許せない、だれかを許せない。

この出来事を許せない。過去を許せないと、

実は苦しむのは自分だけなんですよね。

ずっとこの先の未来。ひょっとしたらその人は忘れているかもしれない。

それをずっと恨み続けたりしても結果は変わらない。

 

大事なのは今、これから、そしてさらに生きていく未来。

だから何か起きたとしてもそれをまず受け入れる。

そして許すということです。

それを引きづってずっともっていかない。

 

今から、この今瞬間から、あなたは新しい人生を生きれるし、

自分らしい人生を生きれるし、

なりたい自分というのを選んでその自分に近づいていくことができます。

 

だから、過去何が起きたとしても、それをまずは受け入れる。

そして、自分がなりたい人生というのを選んでいきましょう。

 

それが僕がよんでいるハイパフォーマーという人生です。

 

 

どうすれば目標を諦めずに済むか

 

こんにちは。井口晃です。

 

多くの人からたくさんの質問をもらいます

どうしたら目標を達成できるでしょうか

どうやったら私が決めたこの目標を、あきらめずに済むのか。

たくさんの人からメールやセミナーで聞かれます。

 

今日、あなたにお伝えしていく、

3つの方法を話していきたいとお思います。

 

多くの人が目標に対して、なんで諦めてしまうのかというと。

まず、不可能だと思ってしまうわけですよね。

1回例えば、本を読んだりとか、受験をしてみたいなとか、

これをやってみたいなって、一度はみんなゴールセッティング、

目標設定をしたことがあると思います。

でもそれをして、1回ダメだった、、そのゴールがかなわなかった。

そうすると、人間の脳は何かっていうと、

あー、目標を達成してもどうせ無駄だ。

どうせ、叶えられないんだったらやめておこう。

となるわけです。

もしくは新年にね、目標設定したことあるかもしれない。

今年はこういう年にしたい。

でも何か月か経つと忘れてしまう。もうできない。

じゃぁ、人間の脳ってあきらめて、それが当たり前になっちゃうんです。

なので、ゴール自体を持たなくなってしまう。

目標すら持たなくなってしまうんですね。

 

でも考えてみてください。

もしあなたが何かを達成したいとか、こうなりたいと思ったら必ず、

目標というものを、持つ必要がありますよね。

こういう風になってみたいなと、という希望を持つ必要があります。

じゃぁ、どうしたらいいのかというと、

 

1つ目。

「ビジュアライゼーション」 です。

ビジュアライゼーションというのは、目を閉じてみて、

そしてそのゴールが達成されているところ、

その目標自体が叶っているところを

何度も何度もイメージすることです。

 

これはね、聞いたことがあるかもしれない。

ビジュアライゼーションしたらいいよ。って。

一回やったことがあるかもしれない。

でもこれが習慣になっていない可能性があります。あなた自身が。

僕自身もそうだったんですね。

前はビジュアライゼーション、結構やってたんですけど、

時々やめちゃったときがあって。

そうすると、目標って叶えるの難しいかなって思いだしちゃうんです。

やっぱり、人間というのは想像、イメージしたものは叶えられる、

想像したものに対しては行動できる、

想像したものに対しては、手に入れたいと思う生き物なんです。

 

なので、まずあなたがやることは、

こういう目標を達成してみたいな。とか

こういうのやってみたいな。

こういう自分になってみたいな。

こういう場所に行ってみたいな。

こういう経験をしてみたいな。

と思ったら、あなた自身は、まずイメージしてみる。

 

例えば、これはどこにいるときでも構いません。

ベッドで横たわっている時でもいいし、お風呂に入っている時でもいいし。

朝、瞑想している時でもいいです。

目を閉じてみてイメージしてみる。自分がそれ叶ってる。

ここでのポイントは、まずイメージをしてみること。

それから、声を聴いてみる。どんな音が聞こえる。

周りの人がどんな風に言ってくれてるかな。

どんな人が周りにいるかな。

それから、感覚ですね。どんな感覚を感じるか。

わくわくとかドキドキとか。

あーやったぜ!達成したぜ!とか。

それを、自分の中で感じてみるわけです。

これがビジュアライゼーションするときのポイントです。

なので、自分のイメージと音と感覚、

これをありありとイメージして

それをしばらく体験してみてください。

想像するだけ、妄想するだけでしたら、ただですから^ ^

 

次に行きましょう。

2つ目は何かというと。

「一週間ごとにその目標の達成度合いを見る」ということです

多くの人が目標を達成できないとか、

新年に立てた目標にいけないということは、忘れちゃうんです。

目標を立てたこと自体を忘れたりとか、自分がゴールセッティングしても

そういえば、なんだったかな。。って忘れちゃう。

だから週に1回必ずその目標を見直すこと。

そして自分の現状はどこだろうか。

 

例えばあなたがダイエットしたいとしましょう。10キロ。

10キロダイエットしたかったら、まず体重計ってみて、

毎週計らないといけないですよね。できれば毎日はかったほうがいいです。

とにかく週に1回チェックしてみる。

今自分はどこにいるのか、どれくらいゴールが離れているのか。

もし変わってない、1週間2週間。

何をしたらいいのか。

そうやって変えていけるわけですよね。

自分のやり方、戦術、戦略を変えていけますよね。

なので、必ずはかってみる。

 

収入でもそうです。もしあなたが何か売り上げの目標をたてたら、

今週の売り上げはどうだったんだろうか。

うまくいってるだろうか。できているだろうか。

こういう形でどんどんどんどんはかってみる。

自分が目標に対してどれくらい進んでいるかな。

何もできてないから、、、じゃぁ、何を変えないといけないかな。

時間がなかった今週は。じゃぁ、時間の使い方変えないといけないな。

今自分でこのやり方やってるんだけど、うまくいかない。

じゃぁ、コーチをつけないといけないな。

アドバイスもらえる人をつけないといけないな。

戦略を変えることができますよね。

 

3つ目。これが一番大事なんですが、

「社会的にサポートを得る」ということです。

 

これはどういうことかというと。

例えば、もしあなたが、目標を持ったとしても

例えば自分の家族、一緒に暮らしてるとしたら。

その人が反対したらやる気をそがれますよね。

もしくは、友達に話しても、それを言うと馬鹿にされたら

勇気を失ってしまいますよね。

そうじゃなくて、自分のプロジェクトをきめた、

これを達成しようと決めたら、

それを応援してくれる人。これを周りにおく。

勇気づけてくれる人。

どうやったらこれ叶えられるかな。達成できるかな。

と話あえるひと。

こんなことやってみようよ!

もし具体的に進んでないときがあれば、

これどうしたらいいの?

こうやってみたら?こんな風にかえてみたら?

という風に言ってくれる人。

一緒にやろうよ。俺こういうの手伝ってあげるから。

こういうの教えてあげるよ。

という人が周りにいる。

コミュニティーに入っているということです。

 

やっぱり自分の身近な人とかに、、、

全員に対して目標を公言しなくてもいいです。

ただ、自分が本当にサポートする、信じてくれる、

自分を励ましてくれるという人には話して、

その人からアドバイスを受けたりとか、

勇気づけてもらったりとか、

一緒にやろうよって言ったり、うまくいったらお祝いしたり、

中間をお祝いしたり、みんなでね、目標をかなえる

ゴールセッティングをするというのを意識して。

 

この、今日話した3つをやっていけば、

どんなゴールであれ、あきらめずに済むし、

一つのね、ゴールにずっとやっていくことができるので、

ぜひやってみてください。

そのゴールにね、一つあきらめない。

 

それが僕のよんでいる、

ハイパフォーマーという人生です。

 

人生にかけるべき3っの方法

 

 

人生にかけるべき3つの方法

 

こんにちは。井口晃です。

今日は、「この可能性に欠けたほうがいい3つの方法」について話していきます。

 

可能性ってよくいわれますよね。

あなたはまだ潜在能力が発揮されてない。可能性が発揮されてない。

とか言われると思います。

たくさんの人からどうしたら可能性を発揮できますか。

どうしたら自分の本当の力を発揮できますか。

どうしたら人生が開けていくんでしょうか。という質問をたくさんいただきます。

今日は具体的に、じゃぁ、どういうところにかけていけばいいのか

というところを話していきます。

 

僕自身が自分の人生、僕も同じように感じました。

自分の人生って可能性が発揮されてないな。

可能性にかけれてないな、と。

それはなんでそう感じたかというと、同じ過去と同じ未来を生きたからです。

過去と過去の延長線上で今を生きていた。

つまりどういうことかというと、多くの人が、過去こうだったから今もこうなんだ。

過去自分はうまくいかなかったから、今もうまくいかない。

過去いじめられたから、自分もいじめられる可能性がある。

過去自分はお金がなかったから、今もお金がない。

過去健康をくずしたら、今も崩してる。

という過去をベースに生きてしまっていたからなんです。

僕自身もそうでした。

 

なので、中高時代にいじめられたときに、専門学校にさーっと行ったりとか、

仕事したり。アメリカの大学にも留学もしたんですけど、その時も自分が周りに

受け入れられるかと考えると、すごい怖かったですね。

受け入れられるかどうかな。過去の延長線上に生きてたんです。

でも今から話すこの3つのものにかけるようになって、

あ。自分って自由に生きていいんだ。とか、

自分というのはどんな未来でも生きていいんだ。

ということがわかるようになりました。

これを話していきます。

 

「一つ目」

人ですね。

 

自分の人生の中で人にかけるわけですね。

これは何かというと、もちろん自分を含めなわけですが、

一人だけで人生を何とか切り開いていこうと思うと、

人って孤独になっちゃうし、憂鬱になるし、重いわけですよ。気持ちとして。

でもそうじゃなくて、例えば、仲間、同志、一緒に何かこれをやっていこう、

ビジネスパートナーかもしれない、そういう仲間にかけると、自分一人だと、

失敗したらどうしようとか、プレッシャー多いなと思っちゃいません?

そうじゃなくて、人ですよね。

 

人にかけていく、人にお金をかけていく、人との出会いにお金をかけていく、

自分だけで何か感じると、やっぱり本当にプレッシャーが大きくて

動けないじゃないですか。

そうじゃなくて、人との出会いに出かけていく、セミナーに行く。

マスターマインドに行く。旅行に行く。ちょっとした飲み会に行くでもいいですよね。

面白そうな人がいる、人との出会いにお金をかけていくと人生というのは

開けてくるわけです。

僕なんかだと、セミナーであった人とビジネスをしたりとか、

起業ね、講座したときの仲間と、今もそういう場所であって、

今も連絡取り続けたりしてるんで、そういうのをできる人に

なっていきましょう。

あなた自身が変わりたいと思えば、人にかける人にね、お金をかけれる人に

なっていくということです。

 

「二つ目」

チャンスです。

 

チャンスにかけていくわけですよ。

多くの人が今と変わらない、今の人生、今の生活を守ることしか考えていないわけですね。

今、どうしたら守れるかな。どうしたらできるかな。って、どんどん守りに入っていくと、

つまらない人生になっていくわけですよ。

守って守って、今と変わらない、昨日と変わらない、今日と変わらない明日。

同じようなものをスーパーで買って、料理して食べてとか。

同じようないつものレストランに行って、

同じような友達とごはん食べて。

同じような店に行って、その繰り返しだと、

人生っていうのは思い出も作れないし、

変わっていかないですよね。

 

チャンスっていうのは、僕は人生に3回どんな人にも訪れる。

と、あるビジネスの先輩に教えてもらって、そうだと思ってます。

僕自身は企業するっていうチャンスにかけました。

怖かった。成功する保証もなかった。

でも、自分の可能性にかけたわけですよね。

もしくは、海外に住むとかいうのもそうです。

英語をしゃべれるようになる。英語を話すほうとか。

 

とにかくだって、確定はないわけです、何をするにしてもね。

僕がなにをするにも確定はない、あなたが何をするにしても確定はないし、

保証はないです。

でも行動をとること、一歩踏み出すこと、何かやってみること、

これをやるっていうのは、チャンスのほうにかけるわけ、

可能性の方にかけるわけだから、チャンスにかけるとそこに飛び込めるし、

希望がもてるじゃないですか。

今までと違うスキルを身につけないといけない。

違う人脈を身につけないといけない。

違う視点で考えないといけない。そういう風に思いますね。

 

なので、何か怖いなと思っても、そしたら、チャンスのほうに飛び込む。

できるかできないかと思ったら、とにかく一歩をとっていく、

というところです。

そっちのほうに自分をむいていかないといけないですね。

自分の行動だったり、お金を。

それをやるチャンスにかけるということ。

これを意識してください。

 

「三つ目」

経験にかけてください。

 

多くの人は人生を変えたくないとか、

怖い失敗するとか、今までと同じものを守ろうとするわけです

でもその先に何があるでしょうか。

明日も恐らく同じような明日が待ってす。

 

そうじゃなくて、違う経験のほうにかけてみると

不安だし、恐怖だし、未知だから怖いんですよね

人間にとって。

でもその時にもし、最初に言った、人にかけてる、

チャンスにかけてる、そして、可能性のほうにかけていく、

体験にかけていく、そうすると迷わないです。

 

多くの人がこれって損するかな。損しないかな。

お金儲かるかな。儲からないかな。ここだけにいく。

そうじゃなくて、これ、経験になるかな。

とすると、経験には絶対になりますよね。

何かのスキルを学んでも何か人に会いに行っても、

そしたら、経験のほうにかけていけるわけです。

だから、もしあなたが何かを迷っていたら、

今日言った、この3つのもの。

「人」「チャンス」そして「経験」をしてく、というほうかけてください。

そうすると、今までしたことない経験、あったことない人、

やったことない場所に行って、どんどん世界が広がっていきます。

それが、僕が読んでいるハイパフォーマーという人生です。

 

 

 

 

 

 

 

アンソニー・ロビンスから学んだ3つのレッスン

 

今アメリカで最も有名なコーチ、スピーカーの
アンソニー・ロビンス。

彼のクライアントはアメリカの大統領や
ネルソンマンデラさん、
多くのセレブリティーがいます。

そんな彼のマスターマインドセミナーに参加し
エジプトやイスラエル、メキシコ、スコットランドへ
旅をしました。

その時に彼から学んだことは、

 

 
1、存在感を高める

彼が旅行中ハードスケジュールで
疲れている時でさえも
話しかけてきた見知らぬ人の目を見て
御礼を伝え、ハグをしていました。

自分が今話しているひとに
注目したり、目を見たり、話を聞いたり、
とにかく目の前の人を大事にする、ということです。

 
2、規律をもつことがとても大切

・習慣を身につけること
成功へのロードマップを作って
その習慣を毎日身につけます。

自分がやると決めたらまず声に出し
約束を守り、成功するまでやる
という規律を学びました。

規律なしに成功することはありえません。

ダイエットしたいのなら
ジムに行ったり、運動したり、
食事をヘルシーに変えたりする必要があります。

これは、ビジネスでも何でも同じです。

ビジネスで成功させたいのなら、
・仕事を何時間する
・マーケティングをする
・集客をする
・人を雇う

どんなことでも
規律をもって臨むことが
とても大切です。

もし規律をもっていなければ
おそらく結果を得る事は難しいでしょう。

どんな分野でもいいのです。

「これは絶対成功したい」
「成し遂げたい」
と思う事があるのであれば

それに対しての規律をもつこと、
決めた事をきちんと守ることが大切です。

そのための
環境づくりを
意識してください。

 

3、自分の状態がすべて
体の使い方 、言葉、焦点
から決まります。

彼自身も、生まれた時から
成功者や大金もちではありませんでした。
自信があった訳でもありません。

自信は、自分の内側からつくらるので
自分自身で行動にうつし、実践することが
ものすごく大切です。

自信がない、
エネルギーがない、
これらは、自分の内側から
自分自身がつくり出しているということを
思い出してください。

これらをマスターする事で、
自分の人生で欲しい結果を
マスターしていくことができます。

僕自身これら3つのことが
彼から学んだことの中で最もインパクトがあり、
人生でも大きな影響を与えています。

毎日が活き活きと
生きれるようになりました。

自分が人に影響を与えられるようになりました。

なので是非やってみて下さい。

次はあなたも自分自身が
人に影響を与えるようになる番です。

それが僕が呼んでいる
“ハイパフォーマー”という人生です。

どのようにしてあなたの1年を10倍にするか?

今日あなたにお伝えするのは
1年間を10倍にする方法です。

どういう意味かというと、

10倍の楽しさ
10倍の経験
10倍のエネルギー

を持つということです。

これは1年のどの時期からでも
始めることができます。

その時に大事にしてほしいのが
目標を立てるということです。

どんな1年にしたいか、
目標をもつ事でワクワクしてきます。

このエクササイズやり方ですが、

1、マジックモーメントを書きだす

過去12ヶ月に起きた12個のマジックモーメント
(良い経験、楽しかった事など)を書いていきます。
どんな小さな事でも構いません。

自分の経験、学び について書き出してみましょう。

僕がこのエクササイズを行なった時には
56個も出てきました(笑)

これらのマジックモーメントを振り返ると
良い人生である事がわかります。

自分のいろんな経験や学びを
月ごとに一つずつ書いていくことです。

2、マジックモーメントから学んだこと、
思い出になったことを書き出す

学んだ事を書き出すことで
その時の感情が思い出されます。
自分の成長や変化を知る事ができます。

必ずその時の思い出や出来事から
学んだこと、どのように幸せになったかなども
書いてみてください。

3、次の12ヶ月(1年)で作りたい
マジックモーメントを書き出す

1ヶ月に一つは計画をする、
つまり1年間で12回の良かったと
思えることを計画します。

家族や友人と旅行したい
経験をしてみたい
学びをしてみたい

自分の人生を豊かにしてくれるようなことを
書き出します。

例えば私が書き出したのは、
・キリマンジャロの登山する
・フランスでスキーをする
・英語セミナー100人集客する
・3000人のセミナーをする
・日本で10万部を超えるベストセラーを出す
・家族でハワイに行く

自分がワクワクする事を書き出すことによって、
目標のために頑張ろう
どうしたらお金を作れるか
どのように方法を探すか

それらを書くことによって
未来に向けて目標設定ができます。

無理をしてやるのではなく、
自然に引っ張られるように
楽しく目標を達成することができます。

その過程で
豊かさや使命を見つけることもできます。

これが僕が呼んでいる
”ハイ パフォーマー”という生き方です。

最強の夜の習慣とは?

【最強の夜の習慣とは?】

今日も疲れたなとか、
いつもストレスが溜まっている
どうやったら疲れをとることができるのか、、、
1日が終わった後は疲れている人が
多いと思います。

それをどうすれば夜の
家に帰った時間の中でリラックスや
エネルギーを回復できるのか
次の朝の目覚めを良くする方法を
今日は教えていきます。

ポイントは3つあります。

1、Body 体
2、Mind 思考
3、Spirit 魂

この3つを癒すことが大事になります。

1、体を癒す

僕が寝る前に必ずやることは
お風呂に入ることです。

まずオーガニックのバスソルトを入れます。
そしてそこにアロマオイルを1、2滴入れます。
15分から20分くらいお風呂に入って
その時に自分がリラックス出来る音楽を聴いています。
(oneness musicや瞑想の音楽)

ゆっくりお風呂に入って
体を洗ったりマッサージをしたりして
体を休めます。

これが体を休める一番の鍵になります。

2、頭を癒す

僕はいつも10分間の瞑想をします。
これはお風呂の中でもいいですし、
上がってからでもいいです。

感謝の瞑想をすることで
頭を癒していきます。

今日起こったいい出来事や
何を学べたか、自分ができてよかったことなどを
ハッピーになる、やる気になるようなことを
瞑想していきます。

3、日記をつけて魂を癒す

僕が日記をつけるのは
感謝の日記です。

自分自身が今日やってよかったことを
書いていきます。

もしくは自分の新しいアイディア、
やりたいことをとにかく書いていきます。

日記のいいところは
頭で考えているだけでは
答えが出ないことが多いですが
ノートに書き出すことで
考えがまとまったりします。

そして書き出すことでスッキリした状態で
ベッドに行くことが出来るようになります。

この3つのルーティーンを
少なくても寝る一時間前には
やるようにしてください。

僕も寝る一時間前には
携帯の電源をオフにして
パソコンも見ないようにして
一時間だけは寝るという環境を
整えるようにしています。

このようにして寝ると
必ず次の朝スッキリと目覚めることができて
今日も1日頑張ろうと思うことができます。

ぜひこの夜の習慣を取り入れてみてください。

これであなたも毎日毎日イキイキとした
生活を送れるようになります。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという生き方です。

どのようにして大きな変化に対応するのか?

今年から世の中というのは
大きく変化していこうとしています。

アメリカで新しい大統領になったり
環境や景気の変化が起きたりと
これから大きな変化が起きて行きます。

そういった変化が起こるときに
多くの人は対応ができません。

僕たちの人生の中でも
転勤したり、新しい職についたり
新しい家族や人に出会ったり、
もしくは問題が起きたり、
そういったときにどういう風に対応するのか、
これについて今日は話して行きます。

1、その分野でのパイオニアになる

パイオニアとは何かを最初にやる人のことです。

僕の場合であれば、
自分の家族や親戚の中で
初めて日本以外の国に住みました。

僕はパイオニアになろうと
英語を勉強して海外に住んで留学をして、
ビジネスを始めて起業家になりましたが、

それまで僕の周りにはそんな人はいませんでした。
でも僕は最初の一人になろうと思っていました。

もしあなたが何か環境の変化が起きて
自分は何をやったらいいんだろう、
どうやって対応したらいいのかわからないときは
自分はパイオニアになるんだと決めてください。

自分が最初になって新しいことを取り入れよう、
難しいことでも乗り越えていこうという
決意をするということです。

2、最大の問題が最大のギフトであることを理解する

問題が起こるというのは人生の一部です。
でもそれに対してあなたは被害を受ける必要はありません。

もしいろんな問題が起こったとしても
そこから何を学べるか、
そして大事なのは
どういう自分になるかということです。

僕自身が10年前に起業したきっかけは
アメリカの大学に行っていたときに
ある問題が起こって中退することになったことでした。

当時の僕としては最悪の出来事でした。
アパートも物も友達も当時の彼女も
全てをアメリカに残したまま
一人で日本に帰りました。

就職先も特になかったので起業することになったのですが、
今振り返るとものすごく大変だったけど
自分の中で最高で最大の出来事だったと思います。

もし僕が10年前に起業しなければ
こうやってあなたにビデオで話していないし、
本を出版したりすることもありませんでした。

大事なのはどんな問題が起こるかではなく
そこから自分が何を学ぶか、
どういう自分になるかということです。

3、自分自身を常に進化させる

多くの人が何かをできません、
パソコンが苦手です、
人前で話すのが苦手です、
いろんなことがあると思います。

でも僕が今日使っている
スキルの全ては10年前は全く知りませんでした。

10年前は人前で話すのはそんなにうまくなかったですし
ビデオの使い方、撮り方は全くわかりませんでした。

文書や本、セールスレターを書く方法も
全くわかりませんでした。

物を誰かに販売する方法も
全くわかりませんでした。

でも僕が信じていたのは
自分自身に何か問題が起こったときに
それを乗り越えよう、学ぼう
身に付けようとそういう決意をしていました。

それがあったから
自分が何かわからないことがあった時でも
それを学んで、そして自分のものにして
乗り越えることができました。

もしあなたが何か大きな変化に直面したり
何か問題があったら
自分にはできないと言うのではなく、
あなたの中にあるそれを乗り越える能力、
これを身につけてください。

そうすることでより良い人生になって行きます。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという生き方です。

どうやって人生で好きなものを引き寄せるのか?

【どうやって人生で好きなものを引き寄せるのか?】

どうやったら自分の思う通りに
人生を生きれるようになりますか?

引き寄せの法則を見ても
うまく引き寄せられません、

このような質問をよく受けます。

僕自身、
自分の人生の中でありとあらゆるものを
引き寄せてきたので普通よりかは
引き寄せの法則をうまく使う自身があります。

そこで今回は
僕なりのどうやって人生で好きなものを引き寄せられるのか、
これについて話していきます。

僕は今の人生で本当に恵まれていると思っていますし
こうやってビデオを撮ったり、セミナーをしたり
本を書いて僕のメッセージをたくさんの人に
届けることができるようになりました。

これは僕が引き寄せる練習を
日々続けていたからでもあります。

ではどうやって練習をしていくのか。

1、瞑想とヨガをする

僕は毎日必ず最低でも5分間、
長い時で15分くらいはこれをしています。

瞑想で重要なことは
自分自身とつながる、
ハイヤーセルフをやるようにしています。

そうすることで心が落ち着いて
自分がどの方向に行きたいのか、
どんな人生を生きたいのか、
どうなっていきたいのかが明確になっていきます。

それからさらにヨガをすることで
体をしなやかにしたりより健康になっていくので、
僕はこの二つのことを毎日行っています。

瞑想することでどんなものを手に入れたいのか、
どんなことを思い浮かべてもいいので自由です。

まずは瞑想を始めて自分自身がどういうものを得たいのか、
これを明確にしていってください。

2、実際にその感覚を味わう

僕の場合、今の海の目の前に住むきっかけになったのは
学生時代にたまたまカリフォルニアに旅をする機会があって
友人が海の目の前に住んでいました。

そこに行かせてもらったことで、
感覚を感じることができました。

ここで大事なのはその感覚を
体験することです。

まず経験してみてみることです。
とにかく感覚を感じるということです。

感覚を感じることによって
実際にどんなライフスタイルを送れるか
どんな気持ちになるか、どんな自分になれるかを
感じることができます。

3、どうやったらそれを引き寄せられるかを毎日聞くこと

僕がこの海の目の前の家に住めるようになったのも
最初からうまくいったわけではありません。
起業して最初の時は全くお金もありませんでした。

東京に立った3万円を持って上京してきて
ある人に出会ってその友人のうちに
連れて行ってもらいました。

そこのラウンジから見えた景色は
東京タワー、ミッドタウンなども見えて、
今でもはっきりと覚えています。

僕はその場で自分の手帳に
「ここに住む」と書きました。

僕はその友人にどうやって
ここに住んだのかを聞きました。

彼はインターネットビジネスを始めて
成功を収めそこに住めるようになったということを
話してくれました。

そして不動産屋さんを紹介しましょうか?と言ってくれ
僕は「もちろん」と答えました。

でも僕はその時お金もなかったし
住めるわけではありませんでした。

でもどうやって住むことができるようになるか、
どんなステップでそこに住めるようになるのかを
聞いておきたいと思いました。

実際に見せてもらった1ルームの部屋は
当時17万円で、敷金礼金などを含めると
100万くらいは必要でした。

さすがにそれは高いな、
すぐに住めないなと思いましたが、
ただ僕はそこでその不動産屋さんと
6ヶ月後にまた見に来るという約束をしました。

そして6ヶ月後にどうなったかというと
実際にその6ヶ月後にお金があったわけでは
ありませんでした。

僕はここで今度は3ヶ月後に
また連絡するという約束をしました。

僕はその時に3ヶ月後にどんなことをしてでも
そこに引っ越すためにお金を稼ごうと決めました。

ちょうどその時期に僕は
コーチングでクライアントを獲得する方法を
学び出した時期でした。

その時に僕は、
3ヶ月のコーチングで30万円をもらっていたので
3人の人と契約できれば90万円を手に入れられるなと
考えたわけです。

とにかくその日から僕は
一生懸命働いてセミナーをする告知をしたり
セミナーをしたりコーチングの契約をしようと
情熱的に行動をしていました。

そうしていくと最初の1ヶ月目に
一人のクライアントを獲得することができるようになって
2ヶ月目には2、3人と契約ができるようになって
僕の口座には110万円くらいの貯金ができるようにまでなりました。

そこで僕はあの不動産屋さんのところに行って
貯金を全て使ってでも家賃17万円の家の契約をしました。

ここで大事なことは、
目標を達成すること自体よりも
そのプロセスで手に入れられる自分になる、
スキルを身につける、
人間関係を作り上げることです。

そうすれば自然と引き寄せることが
できるようになります。

あなたがもし何かを引き寄せたいと思っているのであれば
恐れずに瞑想、実際に感覚を感じて、逆算してプランを立て
その通りに行動をしていく。
このプロセスを実行してみてください。

自分の夢に向かって
しっかりとタイムラインを決め、
必要なスキル、人間関係を身につけて
自分を信じて行動していってください。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマンスを発揮する人生です。

【環境を変えて人生を変える方法とは?】

 

【環境を変えて人生を変える方法とは?】

人生を変えるには環境を変えなければならないと
あなたも聞いたことがあると思いますし、
僕もよく言っています。

 

 

では具体的にどのようにして
環境を変えていけばいいのか。

 

 

そしてそれによって
どのように人生が変わっていくのかについて
今日は話していきます。

 

 

僕は21歳の時に英語をできるようになれば
人生を変えれると思い、
英語を学ぶにはどうすればいいかを考えて
留学をするために大学に行こうと思いました。

 

 

そして大学に入って留学するためのコースで
毎日毎日英語を学びました。

 

 

そこで何が起こったかというと
英語を学ぶこと、話すということが
当たり前になっていきました。

 

 

環境を変えるということは
自分が難しいと思っていたことを
当たり前にできている人、
もしくはそれを学ぼうとしている人たちがいる
環境に入ることによって
人生というのは変わっていきます。

 

 

そして僕はそこで1年くらい勉強をして
そのあとアメリカに留学をしました。

 

 

アメリカに行けば英語を使うのは当たり前なので
英語を使って勉強をする、
セミナーで自己啓発を学んだり
コーチングを学んだり
オンラインマーケティングを
学んだりしました。

 

 

このように環境をどんどん変わった結果、
自分の人生で英語や自己啓発、
ビジネスを学ぶことが当たり前になりました。

 

 

僕はそうやって環境を
一歩ずつ変えていったわけです。

 
そうしてきたからこそ僕は今
小さな成功を収めることができました。

 

 

では具体的にどのようにして
環境を変えていけばいいのかを
話していきます。

 

 

1、自分がどんなスキルをマスターしたいのかを明確にする

 

 

僕の場合はとにかく英語を話したい
という思いがありました。

 

 

英語を話すためには留学しなければいけない、
そして留学するためのプログラムがある
大学に入りました。

 

 

明確に一つのスキルを学ぶと
いうことがあったわけです。

 

 

あなたがもし人生を変えたいと
思っているのであれば
むやみやたらにいろんなセミナーに行ったり
いろんなイベントに行くのではなく、
何を学びたいのかどうなりたいのか、
一つの明確な思いを持つようにしてください。

 

 

2、自己投資をする

 

 

何かを学ぼうと決めても
いろんな環境というものがあります。

 

 

そこで大事なのは
お金と時間とエネルギーを投資する
ということです。

 

 

人生というのはあなたが投資したものが
跳ね返って来るようになっています。

 

 

あなた自身がそのことに対して
どれだけのお金、時間、エネルギーを
かけたかによって
そのスキルを学べるか、
理想の自分になれる時間が変わってきます。

 

 

僕がいつも言っていることは
オールインするということです。

 

 

その環境に浸りきるということです。
そうすることで進化のスピードが
早くなっていきます。

 

 

できれば自分が出せる範囲で構わないので
高額なセミナーなどに入ることによって
より自分が真剣になって
やろうという気になります。

 

 

なので自己投資をするということを
決めてください。

 

 

3、不快的領域に身を置く

 

人生というのは不快的領域に
行けば行くほど成長できるという
名言があります。

その環境が最初から決して
楽しいものではないかもしれないです。

 

その環境がちょっと不快的な方が
一番自分がチャレンジして
成長することができます。

自分にとっては不快的だけれども
チャレンジして成長する機会のある
環境に入って行くことが
あなたが次のレベルに行くための
ステップになります。

この3つを実践することで
あなたがなりたい自分になって行くし
どんどん成長して行くことができます。

これが僕が呼んでいる
ハイパフォーマンスを発揮する人生です。

【どのようにして一流の人と時間を過ごすか?】

 

【どのようにして一流の人と時間を過ごすか?】

どうやって自分の人生を次のレベルに上げていくか、
そしてその時に必要なのは一流の人と
付き合うようにするということです。

多くの人が本を読んだり
オンラインコースだったりセミナーに行けば
それだけで人生が変わっていくと思っています。

でも実際はそうではありません。

そうではなくて
自分が一流の人と付き合う、
自分よりもレベルの高い人と付き合うことによって
刺激を受けてどんどん自分の人生というのは
よくなっていきます。

ではどうやってそういう人たちに出会えるのか、
そしてどうやってその人たちと人脈を築くのか、
それについて今日は話していきます。

1、一流の人たちがいる場所に行く

例えば金額の高い自己啓発や
起業を学ぶためのセミナーや
経営者向けのセミナーに足を運んでみる。

この金額が高ければ高いほど
より意識の高い人たちが集まっています。

他には一流ホテルのラウンジや
レストランとかホテルに泊まってみるのもいいです。

もしくはそういったところである
異業種交流会やパーティーに足を運んでみる。

これをやりさえすれば
自然とそういった人たちが
どういう場所にいるのか、
どういうことを普段やっているのか、
どういう雰囲気やスキルを
持っているのかがわかります。

なのでまずはそういう場所に行く、
これを意識してみてください。

そしてお金をかけて
そういったところに行ってみてください。

2、出会いのきっかけは自分で作る

多くの人は出会いのきっかけがない
どうやってそういう人に出会っていいか
わからないという人は
それはきっかけを待っているのが原因です。

きっかけを待つのではなく
きっかけを自分から作っていく。

そしてその会った人に
話をかけてみる、
自分がどういう価値を与えられるか、
もしくは共通の話題がないか
相手の役に立てることがないかを
聞いていきます。

大事なことは相手から何かを奪おうとするのではなく
自分が相手に何をやってあげられるか
役に立てるのか、
そういったことをやってみる。

例えば人を紹介したり、
自分のブログやSNSで紹介してもいいか尋ねる、
これをNOという人は絶対にいません。

相手に対して常に価値を与えるには
どうしたらいいかを常に考えてみましょう。

3、ビジネス以外での接点を作る

ビジネスの事だけだと
仕事でうまくいった、
いかないといったような
これだけの関係になってしまいがちです。

でも例えば
スポーツを通して、
食事や飲み会、
一緒に旅行をすることで
仲良くなったり友情が深まります。

例えば僕がやっているのは
一緒にハイキングに行ったり、
ヨガをしたり食事に行ったり
セミナーを受けたり、
旅行をしたり常に楽しい予定を
入れるようにしています。

イベントやパーティーがあれば
どんどん声をかけてみる。

自分が人脈のハブになることによって
多くの人に影響を与えることができるように
なっていきます。

ハブになっていくことで
どんどんといい情報や人脈、
ビジネスやためになる話が入ってきます。

それが後々のビジネスに
つながったりもします。

実際に一回会って
連絡を取り合うようにすることが大切です。

この3つのことを実践することによって
自分も周りの人にエネルギーを与えられるようになって
自分自身もエネルギーや情報を得られるようになります。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマンスを発揮する人生です。