【最強の優先順位の方法】

【最強の優先順位の方法】
現代人の多くが、やらなければいけないことが
たくさんあり、優先順位のつけ方に悩んでいます。
仕事の予定、友達との約束、
SNSへの返信、ビデオの視聴、読書など、、
数え上げればきりがありません。
そして、これだけ多忙な中で、どうしても
やりたいことをやれていないのが現状です。
そこで今回は、私が実践している
優先順位のつけ方をお伝えします。

1.簡単なことを優先順位の上位にしない

雑用などの簡単なことは、
すぐ手につけてしまいがちですが、
簡単なことをするのにも
意志の力を使ってしまいます。
そして、いざ難しいことをやろうとすると
意志の力が足りずにできなくなってしまいます。
ですから、難しいことや大事なことに
先に取り組むようにしてください。

2.他人の優先順位を、自分の優先順位と混同しない

メールや電話で、あなたへのリクエストがあった場合、
例えば、明日までに〜を仕上げて欲しい、
今すぐ〜を教えてほしい、など頼まれることがありますが、
最重要な事以外は応じないようにしてください。
あくまでも自分の優先順位を優先してください。
人を喜ばせることも大事ですが、
自分をないがしろにするのはいけません。
特に何でも応じてしまう癖のある人は、
上手な断り方を覚えて、Noと言える習慣をつけましょう。
あなたの人生がよりシンプルになり、
ミッションが達成しやすくなります。

3.あなたの自由を優先順位の上位にする

経済的自由や、肉体的自由、精神的自由など、
自由はすべての人が求めているものです。
しかし、多くの人は自由を後回しにして、
目の前のやらなければいけないことに没頭し、
結果的に少しの自由しか手に入れられていません。
意識的に時間をとって、瞑想をしたり、散歩をしたり、
あなたの心が自由を感じられるようにしてください。
そういう体験を日々繰り返すことによって、
より大きな自由を手に入れたいという欲が湧き、
それが現実化していくのです。

あなたは毎日のTo Doリストをこなすために
生きているのではありません。
自由を手にいれるため、やりたいことをやるため、
ミッションを達成するために生きているのです。
これからはあなた自身、あなたの想いを大切にし、
自由を優先して生きていくようにしてください!

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。

【世界人ライフスタイルという生き方】

【世界人ライフスタイルという生き方】

こんにちは
井口晃です。

今日あなたにお伝えしたいのは、
世界人ライフスタイルという
新しい概念です。

世界人ライフスタイルというと
どんなイメージを持つでしょうか。

日本に住んでいる人なら、
国内に旅行に行ったり、
泊まりに行ったり、
仕事で行ったり
何も意識せずに
当たり前にしますよね。

わかりやすくいうと、
それを世界規模で
やるということです。

つまり、世界人ライフスタイル
というのは、日本と世界、
仕事と遊びに境目がなく、
日本人だからとか外国人だからとか
そうゆうのが一切ないということです。

例えば、東京出身の人とは
付き合わないとか
同じ日本人であればないですよね。

世界も同じで、
世界のどこの国の人で
あっても付き合う。

これが僕自身が今実践している
ライフスタイルです。

では、どうやったら送れるようになるのか。
世界人ライフスタイルにも
いくつか特徴があるので、
それをお伝えしていきます。

ーーーーーーーーーーーーー
1、2つ以上の拠点を持つ。
ーーーーーーーーーーーーー

これはデュアルライフと呼ばれて
いて、日本でもやってる人が多いです。

東京によく出張に行く人が
その度にホテルを予約するのが
面倒なので、マンションを持っていて
そこと行ったり来たりしている人も
多いのではないかと思います。

それを日本とどこか世界で
やるということです。

例えば僕の場合であれば、
LAのサンタモニカというところに
住んでいるわけですが、そこと
日本と2拠点を行ったり来たり
しています。
日本では、マンションとかを
借りているわけではないんですけれども
仕事があるので、住むところと
仕事をするところこの2拠点を
持つということです。

では、どうやって選べばいいのか。
ここを拠点にビジネスしたいと
思う場所でもいいですし、
ここを別荘に使いたいなという
場所でもいいし、
ここで家族を育てたいと
思う場所でもいいです。

家族を持っている人は当然
子供の教育を考えますよね。

質の高い教育を考えるのであれば、
英語圏であったり、
教育のレベルが高いであったり
色んな国の人たちがいる場所を
求めると思います。

そういう基準で場所を
選んでいくのもいいです。

個人的にオススメで、
世界人ライフスタイルに適している
都市というのは、
アメリカの西海岸の
カリフォルニアであったり、
ポートランドであったり、
シアトルであったり、
僕の住んでるLAだったり、
シリコンバレーだったり、
もしくはニューヨーク。

アジアだと、シンガポールだったり
香港などもインターナショナルな都市です。

ヨーロッパでいえば、イギリスやパリ
バルセロナなどもそうですよね。

あとオーストラリア・シドニー、
ニュージランドもそうです。

インターナショナルな都市というのは
拠点を持つのに適しています。

まず2拠点以上を持つ
これを意識してみてください。

僕自身がLAを選んだ理由というのは
何度かセミナーの帰り道などで寄った時に、
海とかカルチャーとかそこでの
ライフスタイルが自分とあっているか。

カルチャーが好きかどうかというのは
非常に重要です。

決め手になったのは気候がいい、
ヘルシーなライフスタイルや
イノベーションです。

マインドがものすごくオープンで
起業をしたりコーチをしたり
シリコンバレーに投資をしていたり
そういう人が溢れている。

そういう理由で日本から
拠点を移すことを決めました。

ただ日本でのビジネスというのも
やっているので、行ったり来たり
しています。

ポイントとして、直通便があるか
どうかというのも大事です。

LAから日本というのも
9時間半くらいの直通便があります。

僕の友人でも日本人で、
香港やシンガポール
サンフランシスコやハワイに
住んでる人がいます。

行ったり来たりできるという
場所を持つということが大事です。

ーーーーーーー
2、友人関係
ーーーーーーー

世界人ライフスタイルの
1つのポイントは友人関係です。

多くの人が言語の壁によって
せっかく海外に住んでいるのにも
関わらず、日本人の友達しかできない。
日本人としかつるまないのです。

言語の問題で
日本人といる方が心地いいので
当然といえば当然なのですが、
それでは世界人ライフスタイルの
半分も楽しめないわけです。

感覚的には10分の1くらいです。

その土地の言語、
多くの場合英語になると思うのですが、
僕も全然完璧にペラペラではないし、
全然完璧ではなくても、
少しでもできるようにする。

そして、積極的にコミニュケーションを
とったり話しかけたり、心をオープンにして
色んな人を受け入れて、付き合うことによって
世界人ライフスタイルの醍醐味というのが
増えていきます。

特に友人関係でも、自分の同じ分野の人ですよね。

僕であれば、起業家なので
同じ起業家のグループに入ってみる。

そこで、自分はこういう人に
なっていきたいと
思う人たちと付き合う。
これがものすごく大事です。

僕だったらそのグループに
リチャード・ブランソンや
トニー・ロンビンスなど
自分がなりたいと思う人たちが
集まっているわけです。

そういう場にお金を払っても、
入ったりとか、カンファレンスに
出かけるとか、友達を紹介してもらう。

とにかく自分を引き上げてくれるような
人たちと関われるようなところに
入っていくということがポイントです。

もちろん地元の友達も大事だけれども、
その国でのカンファレンスや
ミートアップグループや、
今ならFacebookもあるので、
とにかく積極的に出かけていく。

引っ越したばかりの頃は
特に色んなところに出かけて行って
たくさんの人と出会って、
人間関係を作っていく。

その中で英語であったりとか
その土地の言語も学ぶことができます。

言語というのもボーダーです。

つまり、世界人ライフスタイルというのは
制限がないわけです。

何かの理由でできない、
自分にはできない、
そういうことをなくしていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、ビジネスもボーダーレスにしていく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの人が日本人に向けて
ビジネスをしていると思うのですが、
これだけではないんです。

世界に目を向ければ、
無限のマーケットがあるわけです。

僕がアメリカに引っ越した理由の1つとして
アメリカ人に対して、日本と同じように
本は出版しましたが
英語でセミナーを
したりしたかったからです。

マスターマインドのコーチング
というのもやっています。

これによって、一気に市場が
広がったわけです。

仮に日本に何かあって、
円安が起きても、
ドルで稼げるわけです。

この円以外の通貨で稼げるというのは
ものすごく価値があります。

だから僕もコスタリカなどに投資をして
米ドルで稼いでいるわけです。

僕のアメリカのビジネスというのは
米ドルで収入があるわけです。

これによって、日本で何かあったとしても
世界人ライフスタイルというのを
キープできるわけです。

あなたは、まず毎月いくらかかるのか
換算してみる。
月に100万円かかるとしたら、
現地の通貨で100万円どうやって稼げるか。

これを意識してみてください。

これができるようになると、
安定しますよね。

日本でビジネスをして、
日本に行く時というのは
エクストラですから。

なので、2拠点以上の場所を
もち、そこでビジネスをして
そして人間関係も作っていく。

とにかくボーダーレスに
すること。

これが世界人ライフスタイルです。

そしてそれが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという生き方です。

【世界を自由に旅する方法】

【世界を自由に旅する方法】

こんにちは
井口 晃です。

今日あなたにお伝えしたいのは、
世界を自由に旅する方法です。

これはよく聞かれる質問の一つで、
非常に光栄なことです。

僕自身、今はアメリカに家を
持っていまして、
日本と行ったり来たりしています。

そして今、スペインの
バルセロナで、
マスターマインドの
メンバーにコーチングをしたり、
パワーノマドアカデミーのセミナーを
開催したりしています。

世界を旅する時に、いくつかの
ポイントがあります。
そしてどうすれば世界を旅することが
可能になるのか、具体的な手法も含め
お伝えしていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、旅はいつでもできるというマインドセットをもつ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの人が、海外旅行というと
人生で一回しか行けない、
1年間に1回しか行けない。
こういったマインドセット
を持っています。

今会社員の方や、
奥さんや子供、旦那さん
といった家族がいる方も
いると思います。

しかし、自分のスケジュールは
自分自身で決めることが
できるのです。

もしあなたが、海外旅行に
行きたいと思ったらそれは
自由であって自分で決めていいんです。

友人が海外で結婚式をするなど
のイベントがあれば
みんな参加しますよね。

つまり行く理由があれば
行くということです。

そうではなくて、自分に許可を
出していいんです。

海外のセミナーに参加したい、
あの場所に行きたい、
あのホテルに泊まりたいと
思ったら、自分に許可を
出してください。

自分自身が自由に決めていいんです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2、スケジュールを確保する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

海外に旅行するとなったら、
時間が必要になります。

あなたが仮に会社で、
働いているとしましょう。

そうしたら、予定を立てないと
行けないですよね。

例えば、休暇をもらうとか、
お盆に行こう、GWに行こう

多くの人が、パターンで
休みになると実家に帰るなど
同じことの繰り返しをします。

次の長期の休みであったり、
有給休暇でもいいですが、
その日程に海外に行くと、
決めてください。

まず、場所を選びます。
子供の頃からのいってみたい
ところであったり、
雑誌で見ておしゃれなところ
であったり、
どこでも行けるとしたら、
どこに行きたいのか。

僕自身も年に1〜2カ国は
行ったことのない場所に
行くようにしています。

まず行く場所を決めて、
休暇、日程を抑える。
そして航空券を買うだけです。

今では、Skyscannerや
エクスペディアなどあります。

すごくシンプルで、
日本語で最寄りの空港から
行き先の都市を選んで、
日程を入力するだけ。

これだけなんです!

今は格安航空券もありますので、
10万円もあれば世界の
どこへでも行くことができます。

そして、24時間あれば
どこにでも着きます。

こんな時代は今までに
なかったわけです。

まず場所を決めて、
自分はいつでも行けるんだ!
というマインドをもって、
航空券を買う。

そして、ホテルを予約したり
今ならAirbnbなどもあります。

実は僕も、今バルセロナでは
豪華なAirbnbに泊まっています。

豪華なホテルに泊まることも
できるし、Airbnbで安く抑える
こともできるわけです。

僕自身もバックパッカーで
1泊3000円くらいで
シェアルームに泊まったこともあります。

そして、Uberなども安くて
こうゆうものを使えば
世界中を自由に旅していけます。

英語は最低限で大丈夫なんです。

ーーーーーーーーーーーーーー
3、一緒に行く仲間をつくる。
ーーーーーーーーーーーーーー

これが一番大事です。

もちろん一人旅もたまには
楽しいんですけども、
一緒に行く仲間がいると
より楽しくなります。

そして、一人で行くよりも
より多くの経験も得られます。

もちろんお金や時間を作ることも
大事です。
世界のどこにいてもできる
パソコン1つで、場所に縛られない
ビジネスを持つ
ということも大事です。

ただあなたがそうゆう
マインドをもって、
まず海外に行くということです。

お金があるから、時間があるから
海外に行くのではなく、
まずどんなに格安旅行でも
海外に行ってみるということです。

僕自身も、学生の頃にバックパックで
ヨーロッパを回った時は、全部で10万円も
かからない価格で行けたわけです。

どうやったら格安で行けるか、
調べてみたり、少しお金を
つけてみると人生をアップグレード
する感覚というのを学べます。

そうしたら、パソコン1つで
ビジネスをできる仕組みを作って
いったりだとか、
より自分の時間を作れる
ようにしていくわけです。

これは仲間をつくることで
可能になります。

そしてまた絆を深めたいと
思ったら、やっぱり海外に
行って、買い物をしたり
ご飯を食べたり一緒に観光
したりこれを続けて行くことに
よって、次はここに行こう!
次はあれをみてみたいね!
という会話ができるようになって、
より人生が豊かになっていきます。

そして、そのうち自由に海外に
旅できるようになります。

ぜひ次の長期のお休みには
海外に行く。
できるだけ長期間行く。

自分が昔から憧れていた、
夢のような場所に行く。
これを意識してみてください。

これによってより豊かな人生、
人生経験を積むことができます。

それが僕が呼んでいる。
ハイパフォーマーという人生です。

【インアターネット上で情報発信をするには】

【インターネット上の情報発信をするには】

こんにちは
井口晃です。

今日あなたにお伝えしたいのは、
多くの人がまだ気づいていない
まだ取り入れていない
インターネット上での情報発信の
応用編です。

情報発信というのは、
YouTube、Facebook、
Podcast、ブログ、
メールマガジン、
Instagramなど
たくさんあります。

どこから手をつけたらいいか
わからない、もうすでに始めているけど
いいねがつかない、集客できない、
商品が売れないなどあると思います。

どうすれば売れるようになるのか、
売れるようになる人の
情報発信の秘訣をお伝えしていきます。

ーーーーーーーーーー
1、Facebook Live
ーーーーーーーーーー

今、すべてのものがLiveに
なっています。

例えば、スポーツもそうです。
テニスでもサッカーでも野球にしても、
すべてLiveです。

録画されたものは、
いつでも観れるなど
もちろん価値はあります。

ただ一番価値があるのは
Liveなのです。
今Liveにものすごく価値が
置かれています。

今この瞬間、世界で何が起きているのか
あなたは何を考えているのか、
どこで、何をしているのか
これがみんなが気になっているものです。

もしあなたが情報発信をするなら、
まずFacebookLive、
それから、YouTubeLive
InstagramLiveをしてみてください。

見ている人に女性や若い人が多いなら、
InstagramLiveを取り入れてみてください。

FacebookLiveを続けていくと、
僕は一週間に1000人以上フォロワーさんが
増えるということが起こっています。

あなたが情報発信の中で、Liveを取り入れて
いないなら必ずFacebookLive
を取り入れてください。

多くの人が、飲み会の場であったり
歩くところを載せています。

それでも問題ありません。

しかし、応用するためには、
価値を提供するということです。

それを見た人が、勉強になる、
学びになる、新しいことを知れる、
悩みの解決策になる、
これをLiveで提供する。

ここに価値があるので、
これをやってみてください。

あなたが何かのトピックで、
エキスパートになりたいと思ったら
毎日発信していってください。

時間がない人でも、週に一回は
FacebookLiveをする。

僕自身もFacebookLiveローンチと
いうのをやっています。

これを取り入れることによって
さらに多くの人にリーチでき
多くの人に価値を提供できる
ようになります。

ーーーーーーー
2、電子書籍
ーーーーーーー

電子書籍というのは、
AmazonのKindleで
どんな人でも出版できるように
なっています。

商業出版というのは、
ハードルが高いわけです。

出版社の人と知り合わないと
いけない、企画が通らないといけない。

僕自身、企画で落ちたことも何回も
あります。

企画が通ったとしても、
実際出版されるまでに、
早くても半年はかかります。
長くて1年かかることもあります。

なので、本を出したいと思っても
時間もかかるしハードルも高いです。

しかし、電子書籍は明日にでも
出すことができます。

そして、Amazonであなたのカテゴリで
No. 1になること、これは可能です。

さらに応用すると、売り出した電子書籍を
オンライン上で無料プレゼントにすると、
多くの人がメールアドレスを
残してくれるわけです。

なぜなら、すでにAmazonで
売られているという
価値があるからです。

多くの人が無料でもらえる
動画、音声にはあまり価値がない
と思っています。

しかし、何百円でも
実際に売られている
電子書籍を無料でもらえる
ということには価値があると
理解してもらえます。

ブログなどを書き溜めている人は、
それを編集して、カバーをつければ
それで完成なわけです。

そういう意味でも電子書籍を
出版するのです。

それが一つの流れになっています。

ーーーーーーーーーーー
3、オンラインサロン
ーーーーーーーーーーー

昔から会員制ビジネスと
呼ばれています。

DMMやシナプスなどがあります。

例えば、ホリエモンなどの多くの
有名人も使っています。

何がいいかというと、
プラットフォームができていることです。

DMMのブランドが使えて、
集金などもしてくれます。

そのオンラインサロンの中の
オフ会やイベントなどでも、
やはり価値提供をするということです。

多くの人が、たくさんの交流をしたいし、
旅行に行ったり、飲み会をしたり
繋がりを求めています。

僕自身も、高額のマスターマインドであったり
年間のコースというのをやっています。

多くの人は、月に数千円〜数万円のゆるい、
半永久的に所属できるものを探します。

そして、そこでも価値提供をするのですが、
ゲストを呼んだり、旅行に行ったり
飽きさせない、アクティビティを
入れていく。

数あるオンラインサロンの中でも、
差別化をしていく。

これを意識してみてください。

今日話した3つのこと、
これが時代のトレンドになっています。

なんでもそうですが、いち早く
トレンドに乗る、そしてそれを続ける。

多くの人が、続けることをしません。

僕自身はブログの更新もしていますし、
ビデオも撮っています。
本も、年に1冊は出し続けています。

やり続けることが重要です。

これがオンライン上での
情報発信の応用編になりますので
ぜひ取り入れてやってみてください。

そうすることで、多くの人に価値を
与えられて、多くの人があなたのところに
集まってくるようになります。

それが僕が呼んでいる、
ハイパフォーマーという生き方です。

【不安を力に変える方法】

【不安を力に変える方法】

こんにちは
井口晃です。

人生の中で不安を感じた事はあるでしょうか。

僕はたくさんあります。
今でももちろんあります。

例えば、セミナーで話す前であったり、
ビデオを撮る前であったり、
知らない人が多くいる場に
行く時であったり、
新しいことに取り組む時などに
不安を感じます。

多くの人が不安を感じた時に、
チャレンジするのをやめてしまいます。

自分は十分じゃないと思ったり、
自分には向いてないとか
不可能なのではないかと
悩んでしまう訳です。

そんな不安に打ち勝ち、
なおかつそれを力に
変える方法というのを
具体的に3つ教えていきたいと
思います。

ーーーーーーーーーー
1、自信をつける
ーーーーーーーーーー

小さな行動をとっていくこと
によって、それが自信につながる
訳です。

多くの人がいきなり大きなことに
トライしようとします。

例えば、何百人の前で話したいと
思った時に、最初は5人の前、
10人の前で話していく。

そこで、話すことに慣れて
自信をつけていきます。

小さな成功体験を積む
ということです。

僕自身も今では2000人の前、
5000人の前で話すこと
をやっています。

しかし、最初は3人、5人の前
で話すことをしていました。

それがあったからこそ、
何百人、何千人の前で
話す時にも不安が少なく
なりました。

何か大きな夢があるならば、
小さな一歩を積み重ねていく、
これが不安を力に変えていく方法です。

あまりに大きなことをやろうと思った
時にそれに圧倒されてしまうのです。

そうではなくて、小さなことを
達成していく。

これを意識してみてください。

ーーーーーーーーーーーー
2、フィードバック=力
ーーーーーーーーーーーー

多くの人が小さな一歩を踏み出した
時に一回でやめてしまうのです。

セミナーや、コーチング、情報発信、起業
と多くの人が1回やってうまくいかなければ
それで諦めてしまうのです。

存在するのは、結果だけで
失敗というのは存在しないのです。
それはフィードバックです。

1度チャレンジして、うまくいかなかった
これにはどういう意味があるんだろう。

例えば、セミナーを開いて人が集まらなかった。
ならば、集客について学ばなければいけない。
より多くの人が集まる企画にするには
どうすればいいか。
これがフィードバックです。

参加者の方に改善点などを聞き、
フィードバックをもらうのです。

常にあなた自身が成長を求めるなら
必ずフィードバックをもらってください。

自分だけの改善には限界があります。

より成長するには、自分よりもステージの
高い人からもフィードバックをもらうのです。

得たい結果が出ない時に、
どうしたら得たい結果を得られるか
何か変えられる事はあるか、
これを自分自身で考えてください。

僕自身も起業した時から、今もなお
常に考えています。

僕がフィードバックする時は
この結果はどうだったか、
自分自身はその結果に満足か
もっとよくするためにはどうするか。
こういった質問を常にしています。

この改善の質問を常にすることで
自分自身が成長し続けていける訳です。

ーーーーーーーーーー
3、拒絶は存在しない
ーーーーーーーーーー

多くの人が不安に感じるのは
人から拒絶されることです。

例えば、自分が誘った時に
断られたらどうしよう。

何かを販売した時に
拒絶されたらどうしよう。

セミナーやお茶会を開いて、
誰も来なかったらどうしよう。

しかし、あなたを拒絶する人は
何もできないのです。

あなた自身を拒絶することは
誰にもできないのです。

どういうことかというと、
たとえ、あなたの商品や
セミナーを拒絶したとしても
その人はあなたの人生を全て
知っているわけではないのです。

たまたまそのアプローチが
拒絶されただけなのです。

たまたまその人は、その企画に
興味がなかった、その時の態度が
合わなかった、オファーに問題があった、
販売の仕方に納得できないところがあった、
原因は違えど、たまたま合わなかった
というだけなのです。

これらのアプローチを変えれば
いいだけです。

あなたという人間を拒絶することは
誰にもできないのです。

あなたができることは、
そのアプローチを改善していくと
いうことです。

大事なのは、進化をし続けると
いうことです。

人間、不安を感じるのは当たり前です。

その不安を
今日いった3つのことを意識して、
不安を力に変えていく。

そして、不安を力に変えていけば
より大きなチャレンジに
取り組むことができたり、
より多くの成功をつかむことが
できたり、より自分らしい自分
になっていくことができます。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。

【自分のトライブを作る方法】

【自分のトライブを作る方法】

こんにちは
井口晃です。

今日伝えていきたいのは自分のトライブ
つまり同志であり仲間を作る方法です。

僕の人生振り返ってみると、
自分のトライブに助けられてきました。

もしくは、誰かのトライブに入って
そこの人たちが助けてくれたり、
育ててくれたり、アドバイスを
くれたりしました。

これによって今の自分の
ビジネスだったり、健康だったり、
考え方やコミュニケーションスキルまで
全てにおいて助けられているわけです。

多くの人が、一人で頑張ったり
ビジネスをしようとしますが、
やはり、一人の力には限界があります。

今日は、どうしたら自分のトライブを
作れるか、そして入っていけるのかに
ついて話していきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーー
1、誰かのトライブに入る
ーーーーーーーーーーーーー

まずやるべきなのが、
誰かのトライブに入るということです。

つまりグループや、コミュニティに
はいるということです。

トライブというのはつまり、
マスターマインドであったり、
セミナーなどのコミュニティのことです。

そこでは、単に集まるのではなく
みんな成長を望んでいたり、
何かのスキルを学んでいたり、
あなたに刺激を与えてくれます。

僕自身も初めてトライブに入った時、
そこでのアドバイスによって、
自分も成長を感じましたし、
もっとチャレンジしようと思えました。

誰かのトライブに入ると
そこで教えていることを学べて、
健康を意識するようになったり、
起業したいと思えるようになったり、
コーチングで多くの人を成功させたり、
マーケティングを学んだりすることができました。

誰かのトライブに入るときに、
お金も時間もかかります。

しかし、それは一生の友情にもなるし
プライスレスであると感じていますし、
自分が困った時にでも、意識の高い人たちは
助けてくれます。

お金を払ってでも、トライブに入って行くこと
これをまずやってみてください。

ーーーーーーーーーーーーー
2、自分のトライブを作る
ーーーーーーーーーーーーー

自分はこうゆう人といたい、
こうゆう人間になりたいといった
情報を世の中に発信していきます。

僕の場合は、健康についての情報を
発信していくと、健康的な人が僕のセミナーや
マスターマインドに入ってきてくれたんです。

そのほかにも、起業家やコーチ、
セミナースピーカーや著者を支援していると
そうゆう人たちが集まってきます。

あなたがどうゆう情報を発信するかで、
どういう人が自分のトライブに集まるか
が決まります。

最初は小さくてもいいです。
3人でも、4人でも、
カフェなどで集まるでもいいでしょう。

大事なのは、自分のトライブを作る時に
テーマをもつということです。

これは何の集まりなのか、
何が好きで、何が嫌いなのか、
どうゆう活動をしていくのか。

集まった時だけではなく、
集まる以外にも、何ができるか。

そして、自分自身がどうやって
実践していくのか。

そのトライブメンバーと
ビジネスをしたり、何か活動していく。

それは何のためにやるのか、
なぜそのトライブをするのか、
トライブメンバーにどんな
ベネフィットがあるのか、
ということが大事です。

単に集まるだけでは、
だんだん集まりが
薄くなっていきます。

これを明確にすることで、
お金をチャージするとしても
多くの人が集まってきます。

ーーーーーーーーーーーーー
3、トライブを融合していく
ーーーーーーーーーーーーー

自分のトライブができたら、
さらに、いい情報、いいコンテンツ
を加えて、グレードアップ
していくのですが、
時に他のトライブから
ゲストスピーカーを呼んだり、
他の人とコミュニティを作るなど
融合していくと、
そこに化学反応が起きます。

いつも同じ人といるのではなく、
自分よりレベルの高い人であったり、
刺激を与えてくれる人を呼んだり、
他のトライブと融合して
イベントをしたりすることで、
トライブというものが
より強固なものになっていきます。

お金をチャージした人限定のコミュニティ
やイベント、セミナーだけではなく、
時には、一般の人が参加できたり
家族が来れるようなイベントを
開催してみたりします。

僕もトライブのメンバーを表彰したり
するパーティーを定期的にします。

そこでは、奥さんを呼んでもらったり、
家族や友人も連れてきてもらいます。

そうすることで、コミュニティに
新陳代謝が生まれます。

その他にも、旅行などのアクティビティも
一生の思い出にもなりますし、ビジネスを
したりコンテストをしたり、一緒に学んだり
という活動して、コミュニティを融合させ
さらにアップグレードしていくことも
やってみてください。

コミュニティがあって、トライブが
自分の一部になっていき、トライブなしの
人生は考えられないようになり、
そのトライブが勇気を与えてくれたり
やる気を与えてくれるような
そんな人生を作っていって
ほしいと思います。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。

【自分の不快的領域を超える方法】

【自分の不快的領域を超える方法】

こんにちは
井口晃です。

快適領域にとどまってはいけない、
不快的領域にいかなければいけない

こんな話を聞いたことないでしょうか

しかし、不快的領域にいくと
自分がやりたくないことであったり
話したくない人がいたり
大変なことが待ち受けていたり
そしてそれらを
打ち破らなくてはいけない。

そんなことを自己啓発の本やビデオ
などで見かけたことはないでしょうか。

今日あなたに提案したいのは、
不快的領域というのは
一切関係もなく、考える必要もない
という話です。

その理由を3つ話していきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー
1、自分のビジョンを考える
ーーーーーーーーーーーーーーー

まず考えなくてはいけないのは、
自分の人生の使命であったり
ビジョンであったり
成し遂げたいことなんです。

だからもし何かをする時に
不快的に感じることがあっても
ただやっていくだけで
わからないことがあれば
そのスキルを学ぶだけなんです。

例えば僕がビジネスを始めたとき
人前での話し方も知りませんでした。
コーチングの方法も知りませんでしたし、
ましてや、名刺交換の仕方も知りませんでした。

しかし、その不快的領域に
自分を止めさせなかったんです。

人前で話すのは苦手だった、
しかし多くの人に
インスピレーションを与えたい。

そうなりたいと思ったら、
不快的領域などと言ってられないのです。

だから、もし不快だと感じる
ことがあったら、
自分の使命であったり
究極に成し遂げたいことや
なりたい自分、これらを
考えてみてください。

そして、そのビジョンや
成し遂げたいことが、
もし今できないことやチャレンジが
必要な時は、そのスキルを身につける、
勉強をする、やってみる、
できている人に話を聞きにいく。

これをまずやってみてください。
そうすれば不快的領域というのは
関係なくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
2、何のためにやるのかを考える
ーーーーーーーーーーーーーーー

やりたいことをしていく中で
不快に感じたり、苦手に感じること
は出てくると思います。

しかし、やりたい、
チャレンジしたいと思っている。
それは誰のために
頑張りたいのでしょうか。

例えば僕自身がビジネスを始めた時は、
もっと世の中の人の可能性を引き出したい
であったり、
僕のように王道から外れてしまったりしても
関係ないんだということを証明したい。

そういう人の役に立ちたいし、
頑張ろうと思いました。

今、アメリカでビジネスをしているのも
日本人でも世界に通用することを
証明したいからです。

また女性の起業を応援している人、
そういう人というのは
自分のためだけではないのです。

あなたがもし、不快であるとか、苦手であると
感じた時には誰のために頑張っているのか
ということを考えてみてください。

そして、どんなことで困っている人を
助けたいのか役に立ちたいのかを
意識することによって、
諦めなくなり、
不快的領域も関係なくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーー
3、未来の自分と会話する
ーーーーーーーーーーーーーーー

例えば、今から10年後の自分をイメージ
してみてください。

今は不快と感じることや苦手と
思うことも乗りこえているだろうし、
悩んでいたことを不思議に思うかも
しれないし、
チャレンジしなかったことに後悔する
かもしれません。

10年後の自分と対話することで、
今自分は何をすべきなのか、
どんなスキルを身につける必要が
あるのか、考えてみてください。

10年後の自分はより成長しているだろうし
今の夢を生きてるとしたら、
もっと今頑張ったり、
自分の限界を打ち破った方がいいであったり
10年後の自分はどんなアドバイスを
くれるでしょうか。

不快的領域というのは、
自分の頭の中にしかありません。

だからぜひその不快的領域を超えて
1歩踏み出して、自分の夢を生きてください。

それが僕が呼んでいる、
ハイパフォーマーという人生です。

リチャードブランソンから学んだ3つのレッスン

【リチャード・ブランソンから学んだ3つのレッスン】

僕のメンターの一人である、
リチャードブランソンからネッカー島で
学んだことをシェアします。

リチャード・ブランソンのことを
知らない人もいると思うので簡単に
ご紹介します。

リチャード・ブランソンはバージンレコードや
バージンエアなどの航空会社をもつ
バージングループの社長です。

彼はカリブ海にネッカー島という
プライベートアイランドを持っていて、
僕自身毎年4回ほど訪れています。

そこでは、業界のトップの起業家たちが
情報を共有したり、アイディアを出したり、
ご飯を食べたりする
マスターマインドという集まりが
年に1回に行われます。

僕も4年前にリチャード・ブランソンに出会って、
そこから毎年参加しています。

そこで彼から学んだ3つのこと
についてシェアします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、一日にたくさんのアクティビティを入れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ストーリーを話していきます。
まずネッカー島に着くと、その日は遅くまで
パーティーをしました。
そして、次の日に僕が9:00ごろに
目が覚めて朝食を食べに行くと
ちょうどリチャードもいて
話しながら食べていると、彼は7:00から
テニスをしたりメールのチャックも
終わらせていました。
そして、午後にはミーティングがあったり
昼からはカイトサーフィンを
するんだと言っていました。

一日の中に色々なアクティビティを入れること、
それが彼にとって生産性を上げるコツ
なんだと思いました。

一つのことをしていたら、
飽きたり生産性が落ちたりします。
そうではなくて、一日の中に仕事や遊び、
一人の作業やチームでの作業、たくさんの
アクティビティを入れることが秘訣だと
いうことを教わりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、毎日ハッピーになることを1つする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ストーリーの続きがあるんですが、
ランチのタイミングも一緒で
午後は何をするかと聞かれたので、
ちょっと仕事をするよ、と答えると
午後からは仕事をしちゃダメだよと言われたのです。

彼のモットーとしてランチ以降は
仕事をしないんです。
彼は午前のうちに仕事を終わらせて、
午後は好きなことをするんです。

多くの人は週末や月に1回など
決まった時にしか好きなことが
できないなどあるかもしれません。

しかし、そうではなくて毎日するんです。
とにかく何かしらハッピーになることを
一日の中に1つ入れるということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、自分より、頭のいい人を雇う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人を雇う時に、自分より仕事ができる人だったり
収入の高い人を雇うのは怖かったりすると思います。

しかし、そうではなくて
自分にできないことをできる人や
自分がしたことがない経験をした人
などを積極的に雇うんです。

僕自身もマネジメントは得意ではないので
自分よりも得意な人に任せています。

リチャードブランソンさんも何個もの会社で
社長を雇って、できる人をさがしていきました。

そして、達成したいビジョンというのを
チームとして一緒に達成してきました。

あなたも達成したいビジョンや夢があるなら、
一人でやろうとするのではなく、
優秀なパートナーなどを雇って、
一緒に達成することを意識してください。

今日シェアした3つのことを
意識することによって、
ビジョンが達成しやすくなったり
夢が叶いやすくなります。

また数ヶ月後にもネッカー島に呼ばれて
いるので行こうと思っています。

何か聞いて欲しいことなど質問等あれば
この動画にコメントしたり、
Facebookなどでコメントやメッセージお願いします。

そして僕が思うのは、そうゆう刺激的な人に
会うことによって、自分が生き生きと
より良い自分に成長できたり、
人に刺激を与えられるようになることが
大事だと思っています。

これが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという生き方です。

【自分の中の偉大さを発見するには】

【自分の中の偉大さを発見するには】

今までの人生で達成できたら
よかったことや、
今取り組んでいる中で、
次のレベルにいきたい、
大きなことを達成したいと
思ったことはないでしょうか?

今日のトピックである
自分の中の偉大さを発見する
とはどうゆうことでしょうか?

偉大さというと、
エゴであったり威張ることを
想像するかもしれません。

しかし、そうではありません。

例えば、人生が終わる時に
いい人生を送れたなと思ったり、
家族にとって偉大な
自分になれたなと思ったり
世の中にとって偉大な
自分になれたなと
感じたいと思います。

では、どうしたら偉大になれるのか。

3つのポイントがあります。

ーーーーーーーーーーーーーー
1、目的を持って始める。
ーーーーーーーーーーーーーー

最後死ぬ前に自分の人生を
振り返った時に
最高の人生を生きれたと
思えるか、そうじゃないか。

これは目的を持って
生きれたかどうかです。

明確な目的を持ったかどうかで、
自分の偉大さが
発見されるかどうかが決まります。

能力は高いのに人生に
目的を持ってないばっかりに、
潜在能力や偉大さを
発揮できていない人を
たくさん見てきました。

もし、偉大さを発見したい、
発揮したいとおもうなら
まず、何のために生きているのか
どうゆうことに後悔したくないのか
なにを達成したいか。

これについて考えることです。

ーーーーーーーーーーーーーー
2、他人に対して優しくなる。
ーーーーーーーーーーーーーー

多くの人が、仕事が忙しかったり
大変であったりで
他人に優しくなれなかったり、
心に余裕がなかったり
してしまっています。

偉大になりたいのであれば、
他人に優しくすることです。

私たちは誰でも、失敗することもあれば
つまづくこともあります。
そんな時でも優しくすること、
認めてあげることこれが偉大さに
繋がります。

ーーーーーーーーーーーーーー
3、奉仕の精神をもつ
ーーーーーーーーーーーーーー

ビジネスをしているのであれ、
収入を上げたいのであれ、
私たちはみんな世の中のため
人のために役に立つこと。

これが根本にある必要があります。

なぜなら
偉大なリーダーと
呼ばれている人たちは
みんな世の中のため人のため
に役に立ちたいという
奉仕の精神を持っていたからです。

これからビジネスをするの
であれ何であれ、
行動をする時に
どうしたら人のために
役に立つかなど
考えるようにしてください。

そうすることで、
自分の中の偉大さが発揮されます。

僕自身も自分のことしか
考えていなかった時は、
そんなにうまく
いかなかったです。
収入も低かったし、
多くの人に影響も与えられませんでした。

その時に自分の収入よりも、
どうすればより多くの人に影響を与えられるか、
どうすればより多くの人の人生を変えられるか。

このように考えました。

あなたも自分の偉大さを
発見するために、
より偉大さを発揮するために
今日言った3つのことを
実践してみてください。