【ぶれずに生きる方法】

【ぶれずに生きる方法】

こんにちは
井口晃です。

今日お伝えしたいのは、
人から批判されたり、
反対されたりしても、
自分の信念を貫いて、
ぶれずに生きていく方法
についてです。

僕もそうですが、
人間というのは
良くも悪くも
影響されやすい生き物です。

信念を持って
生きていく方法について
お話しして生きたいと思います。

ーーーーーーーーーーー
1、ロールモデルをもつ
ーーーーーーーーーーー

憧れの人であったり、
なりたい人であったり
見本になるような
強いロールモデルをもつ
ということです。

僕であれば、スピーカーだったり
リチャード・ブランソンという
とてつもないメンターが
いるわけです。

その人の姿を見ていると、
多くの人に影響を与え続けていたり、
自分も頑張らなきゃと思い、
ぶれるわけにはいかないわけです。

僕自身も10年間スピーカーや
コーチをしたり、本を書いたり
しているわけですが、
それも強力なメンターたちの
影響があります。

ーーーーーーーーー
2、感謝の声を聞く
ーーーーーーーーー

多くの人は、
批判ばかりを耳に
入れます。

やめたほうがいいとか、
才能ないよとか、
僕も何度も言われてきました。

その度に落ち込んだりも
しました。

その時に、どうしたら
もっとよくできるだろうかと
改善を繰り返してきたわけです。

改善していくと、
人は成長していくことができます。

僕自身も、昔のクライアントさんからの
感謝の言葉や手紙をたまに見返します。

それによって、自分が
やっていることは間違ってないんだ
と再認識することができます。

自分がくじけそうになったり、
落ち込んだ時には、
感謝の手紙を見返したり、
励ましてもらうことで、
自分のやっていることの
意味を再確認することができます。

ーーーーーーーーーーー
3、自分自身を信じる
ーーーーーーーーーーー

精神論と思われるかも
しれませんが、
多くの人が自分を疑ってしまうんです。

過去に失敗していても、
根拠がなくても、
自分を信じ続けるんです。

才能があることを信じる
のではなくて、
能力を身につけることによって、
次のステージにいける、
やり続けることができる、
という信念を持つということです。

そうすることによって、
人から批判されたり、
反対されたりしても、
それは成長するための
過程なんだと思えるように
なります。

これを意識すると、
ぶれない自分らしい生き方が
できるようになります。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。

【モチベーションを保ち続ける方法】

【モチベーションを保ち続ける方法】

こんにちは、
井口晃です。

今日あなたにお伝えするのは、
モチベーションを継続していく
方法です。

多くの方から
モチベーションが続かないのですが
どうしたらいいでしょうか?
という質問をいただきます。

どうしたらいいか、
一言で言うと、
モチベーションに頼らない
生き方をすると言う事です。

モチベーションに頼ってしまうと、
やる気はあるときはやるんだけでども、
やる気がないときはやらない、
そうゆう繰り返しになってきてしまいます。

大事なのは常に行動を一定にして行くこと。

そうするとやる気もどんどん上がっていきます。

僕が実際にやっている方法を
お伝えします。

ーーーーーーーーーーー
1、ルーティンを作る
ーーーーーーーーーーー

これは何かと言うと
毎日自分がすることを
決めていくと言うことです。

特に大事なのが、
朝のルーティンです。

ビデオでもなんども
話していると思いますが、
朝起きてからする行動を
決めておきます。

例えば僕の場合は、
朝起きて運動をしたり、
ヨガをしたり、
家の周りを散歩したり
レモンを絞ったレモン水を飲んだり、
完全無欠コーヒーを飲んだり、
ヘルシーな朝食を食べたりしています。

そして1日の計画を立てます。

モチベーションがあってもなくても
同じことをやります。

そうしていくと
どんどん行動ができるように
なっていきます。

モチベーションに頼ると
やる気がないときがどんどん
出てきます。

逆なんです。
行動をするから、
モチベーションが上がるんです。

つまりやる気がなくても
仕事に取り組んでみる、
本を読みたくなくても
読み始めてみる。

ルーティンによって、
行動を毎日一定化していくことが、
結果が出ていくことになります。

始めると言うことが
大事なのです。

ーーーーーーーーーーー
2、人と一緒にやる。
ーーーーーーーーーーー

モチベーションは1人では
保ちにくいです。

僕も1人では、
本を書いたりビデオを撮ったり
セミナーをやったり当然できないです。

では、どうするかと言うと
人を巻き込むと言うことです。

ビデオを撮る時も、
ビデオを撮ってくれる人がいたりとか
楷書のスッタフがいたり、
誰かと一緒にやると言うことが、
モチベーションをアップしていく
秘訣なのです。

なので、あなたが何かを
始めようと思ったとき、
1人で始めるのではなくて、
自分よりも上の人であったり、
それを経験している人であったり、
多くの人とチームを組んで、
一緒にやっていくということを
意識してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、定期的にモチベーションの上がる環境に行く
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人間のモチベーションは
毎日の繰り返しだけでは
上がりません。

例えば、自分が将来多くの人の前で
話したいと思うなら、
多くの人の前で話している人の
セミナーに定期的に行ってみる。

将来なりたい、やりたい環境に
自ら足を運ぶ。

その環境の中で働いたり、
その場で何かに関わってみる。

こうゆうことができるように
なると、モチベーションは
上がるし、新しい方法が
見えてきます。

この3つを意識すると、
モチベーションを保ち続ける
ことができますし、
モチベーションに頼らなくて
済むようになりまし、
結果が出るようになります。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。

【小さなお祝いをしよう】

【小さなお祝いをしよう】

こんにちは、井口晃です。

今日あなたに伝えていきたいのは、
小さなお祝いをしようということです。

こうゆうコンセプトを聞いたことが
あると思います。

自分が何か小さな成功をしたり、
何かを達成したらその度ににお祝いをしようと。

おそらくあなたもやったことが
あると思います。

何かプロジェクトがうまくいったら、
みんなでご飯に行ったりだとか
家で美味しいお酒を飲んだりとか、
歩きに行ったりとか
好きな音楽を聴いたりだとか。

おそらくこれを見ているあなたは、
もっと大きなことを達成したいとか、
目標達成をしたい、
もっとビックチャレンジをしたいと
考えていると思います。

そうゆうアチーバータイプの人、
つまり達成するタイプの人は
そうゆう考えになってしまうんです。

そうゆう考えの人がどうなって
しまうかというと、
ちょっとしたことじゃ
嬉しくなくなって
しまうんですよね。

今日セールスをしたけど、
売れて当たり前とか
やることもできて当たり前みたいに
どんどんハードルが上がって
いってしまうわけです。

そうするとどうなって
しまうかというと、
いつもフラストレーションや
モヤモヤした気持ちが、
溜まっていってしまう。

何かこれを達成するんだという
気持ちが弱くなってきてしまうんです。

じゃどうしたらいいかというと、
あなた自身が日々の中で、達成していること、
それから目標を達成した時に
お祝いをしていくということです。

じゃどうやってそれをやったらいいのか。
それを今から話していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
1、お祝いする時間を確保する。
ーーーーーーーーーーーーーーー

お祝いするスケジュールを
確保するということです。

僕で言えば、毎週日曜日の
夕方から夜にかけてですね。

その一週間何があったかということを
振り返って、自分自身を認める
ということです。

例えば、達成できたこと、
出会えた人、与えられた価値
学んだこと、など

この一週間でプラスになったことや
成長できたことを数えていくということを
週に1回やってみるということです。

それをやるたびに、自分自身が成長している。
これを統合というのですが、
自分自身を統合して、どんどん
成長していくようになります。

なので週に1回振り返る時間を
確保してみてください。

ーーーーーーーーーーーーー
2、週に1回お祝いをする。
ーーーーーーーーーーーーー

週で振り返ってみて、良かったことなどが
感じられるようになります。

でも、多くの人はそれに対して
何もしないんですね。

小さいことでもいいから、
実際に誰かとお祝いをするということです。

奥さんや、旦那さん、子供でもいいですし
チームメンバーや社員、上司とでもいいと思います。

週に1回、ご飯に行くでもいいですし
飲みに行くでもいい、カラオケに行くでもいい
好きなものを買うでもいい、自然の中に行く、
やりたかったことやるでもいい。

小さなお祝いをするとそれが
くせになって、もっと達成したい、
もっとやりたいということが起こってきます。

そうゆう気持ちになっていくので、
小さなお祝いをどんどんしていくこと、
これが大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
3、1人以上でお祝いすること。
ーーーーーーーーーーーーーーー

グループでいいところを
さがすということです。

仮に一週間でお祝いするような
出来事がなかったとしましょう。

でもあなたの家族にはあるかもしれない、
チームにはあるかもしれない、
友達にはあるかもしれない、
知り合いにはあるかもしれません。

人の成功をお祝いしてあげる、
一緒に喜んであげる、
セレブレイトするというのですが、
一緒にお祝いをしてみてください。

そうするとどんどんいいエネルギーが
生まれて、お祝いされた人も
お返ししたいという気持ちになります。

これを意識して続けてみましょう。

それが僕が呼んでいる、
ハイパフォーマーという人生です。

【どうやってワイフワークバランスを保つのか?】

【どうやってワークライフバランスを保つのか?】
多くの人が、他の人々を助けすぎて
自分自身を助けることを忘れてしまっている。
たまに人々は、すべてのバランスをとることは
不可能だと言う。
ただ僕が知っているハイパフォーマーと呼ばれている人たちは、
ビジネスでも圧倒的に結果を残しながらも、
家族をとても大事にしていたりする。
ワークライフバランスを取ることは可能なのである。
そんな素晴らしい方法を紹介していこう。

1、あなたのニーズを明確にすること
例えば、8時間睡眠をとることが必要だとか、
毎日、健康的な食事が必要であるとか、
そういう『あなたに』必要なものを意識して大事にすることが
非常に大切なことである。
他の人から自分はどうやって助けてもらう必要があるのかに
目を向けることも大切なことである。

2、いつ、どういう場面で価値を与えるかを選ぶ
誰でも何でもかんでも助けているとあなたの時間が無くなってしまう。
だから何でもかんでもじゃなくて、勝負どころでのみ人を助けるということ。
やってあげることのみをしていたら相手のためにもならない。
この人にはこの助けがこのタイミングで必要だ、
そういうことをしっかり考えながら
必要な助けのみを与えることが大切なのである。

3、より多くの回数をNOという、より早い段階でNOという
毎日、Facebookやメールなどで連絡が来る。
でも正直、それに全て応えていくことはできない。
だから、勇気を持ってNOと、より早い段階で言っていく。

4、週に一回振り返りの時間を作る
どういうところでうまくできたかな、
こういう時にNOと言えなかったかな、
こういうことを優先にしていく必要があったかな、とか
振り返る時間を作ることによってさらなる向上を追求していける。

そして、家族の中でも趣味の中でも、仕事の中でも
ライフスタイルのバランスをとっていくことは十分可能である。

これが僕が呼んでいる『完全無欠ライフスタイル』の勧めです!

————————–
井口 晃(いぐち・あきら)
————————–