【どのようにして一流の人と時間を過ごすか?】

 

【どのようにして一流の人と時間を過ごすか?】

どうやって自分の人生を次のレベルに上げていくか、
そしてその時に必要なのは一流の人と
付き合うようにするということです。

多くの人が本を読んだり
オンラインコースだったりセミナーに行けば
それだけで人生が変わっていくと思っています。

でも実際はそうではありません。

そうではなくて
自分が一流の人と付き合う、
自分よりもレベルの高い人と付き合うことによって
刺激を受けてどんどん自分の人生というのは
よくなっていきます。

ではどうやってそういう人たちに出会えるのか、
そしてどうやってその人たちと人脈を築くのか、
それについて今日は話していきます。

1、一流の人たちがいる場所に行く

例えば金額の高い自己啓発や
起業を学ぶためのセミナーや
経営者向けのセミナーに足を運んでみる。

この金額が高ければ高いほど
より意識の高い人たちが集まっています。

他には一流ホテルのラウンジや
レストランとかホテルに泊まってみるのもいいです。

もしくはそういったところである
異業種交流会やパーティーに足を運んでみる。

これをやりさえすれば
自然とそういった人たちが
どういう場所にいるのか、
どういうことを普段やっているのか、
どういう雰囲気やスキルを
持っているのかがわかります。

なのでまずはそういう場所に行く、
これを意識してみてください。

そしてお金をかけて
そういったところに行ってみてください。

2、出会いのきっかけは自分で作る

多くの人は出会いのきっかけがない
どうやってそういう人に出会っていいか
わからないという人は
それはきっかけを待っているのが原因です。

きっかけを待つのではなく
きっかけを自分から作っていく。

そしてその会った人に
話をかけてみる、
自分がどういう価値を与えられるか、
もしくは共通の話題がないか
相手の役に立てることがないかを
聞いていきます。

大事なことは相手から何かを奪おうとするのではなく
自分が相手に何をやってあげられるか
役に立てるのか、
そういったことをやってみる。

例えば人を紹介したり、
自分のブログやSNSで紹介してもいいか尋ねる、
これをNOという人は絶対にいません。

相手に対して常に価値を与えるには
どうしたらいいかを常に考えてみましょう。

3、ビジネス以外での接点を作る

ビジネスの事だけだと
仕事でうまくいった、
いかないといったような
これだけの関係になってしまいがちです。

でも例えば
スポーツを通して、
食事や飲み会、
一緒に旅行をすることで
仲良くなったり友情が深まります。

例えば僕がやっているのは
一緒にハイキングに行ったり、
ヨガをしたり食事に行ったり
セミナーを受けたり、
旅行をしたり常に楽しい予定を
入れるようにしています。

イベントやパーティーがあれば
どんどん声をかけてみる。

自分が人脈のハブになることによって
多くの人に影響を与えることができるように
なっていきます。

ハブになっていくことで
どんどんといい情報や人脈、
ビジネスやためになる話が入ってきます。

それが後々のビジネスに
つながったりもします。

実際に一回会って
連絡を取り合うようにすることが大切です。

この3つのことを実践することによって
自分も周りの人にエネルギーを与えられるようになって
自分自身もエネルギーや情報を得られるようになります。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマンスを発揮する人生です。

どのようにして人生の難しい時を乗り越えるのか?

 

人生で諦めてしまいそうな時、
もう無理なんじゃないかな、
と思うような時に

これを乗り越える方法を
今日は教えていきます。

僕自身これまで会社を10年間経営してきた中で
いくつも難しい時を経験してきました。

家族との問題や
男女関係、
友達との人間関係、
ビジネスでうまくいかない時など
たくさんありました。

今日あなたに一つシェアしたいのは
僕が起業して2年目の時のストーリーです。

その時を振り返ってみると
人生で一番大変だなと思いました。

なんでかというと
起業2年目ということもあって
僕は毎週毎週セミナーをしていました。

毎週セミナーをしたおかげで
最初は50人だったのが
段々と60、70、80人というように

たくさんの人がセミナーに来てくれるようになって
会社も右肩上がりに成長していきました。

もちろん入ってくるお金というのも
どんどん増えていくわけで

もっとセミナーをやろう、
もっと多くの人にメッセージを伝えようと
イケイケの状態で、
それをずっとやっていました。

でもある日、
僕らは新しいプロジェクトとして
ビデオを使ってプロダクトローンチをして
一気に集客をしようといていました。

ただその時に僕は
あまりにチームメンバーに対して
プッシュをしすぎました。

とにかくこれだけ売上を上げるんだ、
こうやっていくんだ、
もっとこうしていこう、
それをずっと言い続けてきました。

そうするとどうなったかというと
チームメンバーは嫌になってしまいました。

そんな時に
僕がある3日間のセミナーをする前日に
その時にいた3人の従業員が

「もう井口さんのところで働きたくない」
と全員が一斉にEメールを送ってきました。

僕の人生を振り返ってみても
かなり辛い出来事でした。

落ち込んでしまって
もう仕事をしたくないと思ったことも
正直ありました。

3日間のセミナーの中で
僕が学んできたことを教えたり
どうやって自分の情熱を発見するか、
どうやってそれをお金に変えていくか

僕の一番得意なコンテンツの話をしました。

でも、3日間のセミナーの後家に帰ると
もう落ち込んでしまって、

明日からひとりぼっちだ、、、
と思いながら

次の日に誰もいないオフィスに行って
オフィスで一人泣いていました。

この時にこれを
どうやって乗り越えたかということを
今日は話していきます。

1、フィードバックを受け取る

多くの人が何か物事が
うまくいかない時に、
失敗した時に
そのままで行ってしまいます。

つまり、
何もそれについて意識しない、
そこから学びません。

僕自身は
3人の人が一気に会社を辞めるという
フィードバックを受け取ったわけです。

できれば受け取りたくない
フィードバックでしたが、

でもそれを受け取って
そこから何を学ぶべきなのかを考えました。

僕の会社で働いていた人は起業家ではないわけで
僕ほどハードに働けるわけではありませんでした。

そこでもう少しコミュニケーションを
とった方がよかったんじゃないか、
食事に行ったりそれぞれの目標を設定して
それを達成したらみんなで旅行に行ったりと、

何か彼らのためになることを
しないといけないんじゃないかと思いました。

つまりそこでフィードバックを受け取って
そこから学んでいく、
成長する、学習する、
これをやる必要があります。

2、フィードバックを与える

僕の会社の営業を担当してくれていた人が
あまりいい成績を出していなかったことがありました。

僕はそこで
とにかくやるんだ、
売るんだというようなことしか
言ってあげていませんでした。

そうではなく僕がやるべきだったのは、
今僕らはこういう状態で
どうしたらいいか
一緒に考えてみようというように
フィードバックを与えるべきでした。

単にやる気を出そうとか
もっと頑張れということだけじゃなくて

具体的に何をどういう風に行動にするのか、
どういう風にその人が感じているのか、
どういう風にこれからしていきたいのか、

これをその人と話し合う必要があったわけです。

よりコミュニケーションをとって
フィードバックを与えていくということです。

3、もっとカジュアルなコミュニケーションをとる

仕事で電話やミーティング、
面談をしたりすることも
もちろん大事なことですが、

それ以外の部分でも
一緒に食事に行ったり、
飲みに行ったり
旅行に行ったりと

仕事以外の部分でも
コミュニケーションをとるということです。

多くの人が誤解しがちですが、
コミュニケーションがうまくとれていない時に
仕事はうまくいかなかったりします。

あなたもギクシャクした仕事場で仕事をすると
仕事がしにくいと感じたことがあると思います。

それよりも
その人が親友のような人だと
仕事というのはしやすいわけです。

なので、
オーバーなくらい
もっとコミュニケーションをとって
その人の人となりを理解する。

その人がどういうところで育って
どういう思いで仕事をして
将来どうなっていきたいのかを
聞いていくということです。

僕がこの3つを意識するようになった結果、
今では日本に5、6人のチームがいて
彼らは本当にいい仕事をしてくれていて
みんなでアメリカに来て一緒に
コミュニケーションをとったり、

アメリカでも3人のチームメンバーと一緒に
仕事をできるようになりました。

僕が起業2年目に
ひとりぼっちになって
そこで学んだことによって

今では10人くらいのメンバーと
年商10億円以上の会社を
経営できるようにまでなりました。

なのであなた自身も
うまくいってないな、
今が大変だなと思ったら

この3つのことを
意識してやることによって
あなたはどんなチャレンジでも
乗り越えられるようになります。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマンスを発揮する人生です。

【感情をマスターするため3っの秘訣】

どうすれば自分の感情をマスターできるのか?
人生の中で毎日アップダウンがあるけれども
そこからどうやって自分の平常心だったり
モチベーションの高さを保つのか、
これについて今日はあなたに話していきます。

すぐに怒ってしまいます、
落ち込みやすいです、
ネガティブに考えがちです、
感情をコントロールするには
どうすればいいですか?
という質問をよく受けます。

これは多くの人が体験することです。

 

そういう時にどうやって感情をコントロールするか、
マネージメントしていくかということです。

 

 

あなたにまず覚えて欲しいのが、
感情は100%あなたが選べるということです。

 

 

あなたが今感じている感情は、
100%あなたが選んでいるということです。

 

 

人間というのは唯一感情を持てる、
表現できる生き物です。

 

 

人生の中でどんな出来事が起きたとしても
その意味付けは選べるのに
自分自身が感情を練習してしまっています。

 

 

何度も何度も悲しい感情、
孤独な感情、
これを練習してしまっているから
そこに行きやすいだけです。

 

 

では、何をしなければいけないかというと
楽しい感情、
ワクワクする感情、
コントロールする感情も
練習すれば感じやすくなっていきます。

 

 

今日は3つのステップについて話していきます。

 

 

1、共感を持つ、共感をする

 

 

多くの人が自分の感情、
自分のことだけしか気にできていない
そういう時代に生きています。

 

 

人と話していても
スマホを見ていたり
集中できていなかったり
他の人の感情を
感じられなくなってしまっています。

 

 

他の人がどう感じるか、
どういう風にその人に何かできるのか、
何か与えられるのか、
感じてあげれるのか、
こういったことが
できなくなってしまっています。

 

 

あなた自身がやるのは
他の人の感情を感じてあげる、
理解してあげる、
そしてそれに対して声をかけてあげる、
これが一番大事なことです。

 

 

2、自分自身に自信を持つ

 

 

どんな感情を感じようとも
あなたというのはユニークな存在であって
あなたというのは一人しかいない存在です。

 

 

自分の人生、社会がどうなろうとも
周りにどんなことが起きようとも
あなたは自信を持って生きていいわけです。

 

 

自分の人生は自分にしかコントロールできない、
自分の感情は自分にしかコントロールできない
自分というのはユニークな存在だ、
これを思い出すことによって
自信というのは作ることができます。

 

 

 

大事なのは自分がいかに
健康、親、仲間など
この世の中に感謝できる、
感謝をできるということが
自分の自信につながります。

 

 

 

自信というのは明日現れるようなものではなく、
一歩一歩、日に日に積み上げていくものです。

 

 

なので毎日感謝を続けること、
そして難しいことにチャレンジすることです。

 

 

普段自分がやらないことに
チャレンジすることによって
自信というのは生まれてきます。

 

 

自信というのは生まれ持ったものではなく
土台を作っていって構築されていくものです。

 

 

3、他人とその気持ちをシェアする

 

 

いい感情を常に持つためには
自分が今どのような感情を感じているのかを
人に伝える必要があります。

 

 

自分に起こった感情をシェアをする。

 

 

僕が小さい頃に母親から教わったことは
悲しいことがあったら人に話すことで
悲しみは半分に。

 

 

楽しいことがあれば人に話すことで
楽しみは2倍になる、
ということを教わりました。

 

 

僕自身今でもそうだなと感じますし、
実際にやっています。

 

 

他にも僕がやっていることは
自分とも感情をシェアするということです。

 

 

独り言もよく言います。
頭で考えるだけでなく
声に出して乗り越えることをします。

 

 

そうすることで
そこから学べることもあるし、
経験を積むことができます。

 

 

あなたが乗り越えられるからこそ
与えられたチャレンジ、試練から
何かを学んで同じ過ちを繰り返さない、
そうして成長をしていきます。

 

 

なのであなた自身も
今日話した3つの感情の秘訣を
マスターして自分自身がより
感情を表現出来る人になる。

 

 

そういう人生を送っていってください。

 

 

それが僕の呼んでいる
ハイパフォーマーの人生です。

 

 

 

どのようにして人生の中で良い雰囲気を醸し出すか?

 

人によって醸し出す、持つ雰囲気があります。

ハッピーな雰囲気、
暗いネガティブな雰囲気、
面白い雰囲気、
クールな雰囲気、

人によってそれぞれ雰囲気があります。

その中でもあなたがより成長したい、
人付き合いをよくしていきたいと思えば
良い雰囲気を出すことが重要になってきます。

僕自身、昔はいじめられたり
落ち込んだり、
鬱になったりした経験がありますが
その時を雰囲気を思い出してみると
あんまり良くない雰囲気を醸し出していたんだろうなと思います。

でも今は
アメリカに住んだり、
たくさんの友人に恵まれたり
ビジネスパートナーに恵まれたりしたのは
良い雰囲気を醸し出せるようになったからだと思います。

ちょっと雰囲気を変えるだけで
より良い結果を得られる人生になります。

今日はより良い雰囲気を醸し出すための
3つの戦略について話していきます。

1、トピックを変えてみる

普段家族や友人と何気ない話をすると思いますが、
その時に話す話題というのが実はあなたの
人生のテーマになってきます。

普段からあなたがネガティブなことを話している
愚痴や嫌味を話しているとすれば良くない
ネガティブな雰囲気を醸し出している可能性があります。

なので普段から何気なく話している内容を
ちょっとでもいいので変えてみましょう。

具体的にどうするかというと
最近いいことあった?
面白いことあった?
感動したことあった?
などそういう話をしてみると
あなたの人生のテーマが感動や学びなど
ポジティブなものになっていきます。

そうすることでより良い雰囲気を醸し出すことが
できるようになっていきます。

2、新しい仲間に会う

人というのは大体同じ友達などと会います。
普段からの友達とご飯に行ったり、
お酒を飲みに行ったり、
趣味を一緒にしたりと
それによって自分のキャラクターとか
性格が決まっていってしまいます。

新しいセミナー、
講演会に行ってみたり
パーティーに行ってみるなど
ある意味新しい自分になれるわけです。

自分がなりたいような人たちの場に入っていくことで
普段自分が会わないような人たちのところ、
新しいグループに入っていくことによって
何かを学んだり新しい自分になれたり
それによっていい雰囲気を醸し出せるようにもなっていきます。

3、休みの日にする活動を変える

例えば週末に飲みに行ったり
居酒屋に行って朝まで飲んだりと
楽しむための行動は決まっていると思います。

普段から飲みに行っているのであれば
金曜日は飲みに行かずにまっすぐに家に帰って早く寝て、
そして朝早起きをして山登りに行ってみる、
セミナーに行ってみる。

普段とは違うことをやってみる、
自分自身のプラスになるような行動をとってみるということです。

これをすることによってあなたの人生は変わっていきますし、
会う人の質も変わっていきます。

そしてより自分自身が明るくなったり
普段とは違う自分自身になることによって
その雰囲気が人に伝わっていきます。

この3つのことをやることによって
より良い雰囲気を醸し出すことができるようになります。

それが僕の呼んでいる
完全無欠のライフスタイルのススメです。