【嫌な1日を再スタートする4つの方法 】

【嫌な1日を再スタートする4つの方法】

あなたが1日を過ごす中で、例えば
友人と喧嘩したり、
上司に怒られたり、
仕事がうまくいかなかったり
して嫌な気分になることがあると思います。

そして、そんな気分を引きずっていると、
うまくいくはずのものがうまくいかず、
1日中フラストレーションがたまって
良いことはありません。
そこで今回は、あなたにとって嫌なことが
あったときに切り替える方法をお伝えします。

1.1日の計画を立てる

朝1日が始まる前に、あなたの1日をデザインしてください。
やらなければいけないこと、取り組みたいことを
数分の時間をとって、計画を立ててみてください。
多くの人は計画を立てないので、その日自分が
何をやれば良いのかわかっていないのです。
そして嫌なことがあると、それに反応して、
気持ちを切り替えることができず、
1日を無駄に過ごしてしまうのです。

2.リセットをする

嫌なことがあったときに、
その気持ちをリセットする習慣をつけると良いです。
僕の場合は、リリース瞑想というのを
取り入れています。昼食時や休憩時間に
気持ちを落ち着かせて、何も考えずに
数分間過ごします。瞑想だけでなく、
散歩や昼寝なども効果があります。

3.人に貢献する

物事がうまくいかないときは、
自分にフォーカスを当てていることが多いです。
かっこよく話せるか、失敗したくない、
など自分のことだけを考えるのではなくて、
自分はどう見えてもいいから、
人のためになればいいと考えて取り組むと
うまくいくことが多いです。
僕の場合であれば、目の前の人に
どれだけ価値を与えられるか、
どれだけ喜んでもらえるか、
というのを意識して仕事をしています。

4.自分との対話をする

嫌なことが起きたときに、ただ反応するだけではなく、
なぜそれが起きたのか、どうしたら改善できるのか、
を考えるようにしてください。
あなたに起こるすべてのことに意味があります。
嫌なことが起こるというのは、
あなたに改善の余地があるからです。
感情的に反応するのではなく、
その意味を考えると、学ぶことがあるはずです。

あなたが1日を生産的に、効果的に
過ごすのにこの4つは大変重要です。
嫌なことは誰にでも起こりますが、
それをどう捉えるかが成功への分かれ道です。

【期待の力とは?】

【期待の力とは?】

現代の多くの人が
期待をすると失望することを恐れ、
ただなんとなく毎日を生きています。
私はそれはとてももったいないと思います。
なぜなら、期待は自信につながるからです。

何かを学ぶときや、何かに取り組むとき、
自分の達成した姿や、成長した姿を想像した方が
大きな成果も出やすくなり、自信がつくのです。

ではもう少し、具体的に何に期待すればよいかをまとめてみます。

1.自分自身に期待する

健康状態、人間関係、収入面など、
あなたの人生の様々な分野で
こうあったら良いと思うことを描いてください。
彼女を作る、年収1000万を超える、など、
まずはあなたの理想を描くことから始まります。
理想が描けると、それに向けて行動するようになります。

2.他者に期待する

仕事やプロジェクトを進めるにあたって、
自分1人では全てに取り組むことはできません。
チームの力が必要になってきます。
そこで一つ大事なことは、メンバーの力を信じることです。
あなたがメンバーを信じていないと、
メンバーもそれを感じ、良いパフォーマンスを出してくれません。

3.人生に期待する

あなた自身と他者に期待できるようになったら、
あなたの人生そのものに期待してください。
もっと大きなことを考えるのです。
人生に期待できるようになると、
大きなチャレンジができるようになります。
私の場合は、アメリカで講演を行ったり、
アメリカで出版をしたりできるようになりました。
今まで考えもしなかった、夢や目標が達成でき、
ワクワクした毎日を送れるようになります。

もう一度言いますが、期待は自信につながります。
自信がつくと、より大きなことにチャレンジができるようになり、
あなたの想像もしなかった未来が手に入るのです。