リチャードブランソンから学んだ3つのレッスン

【リチャード・ブランソンから学んだ3つのレッスン】

僕のメンターの一人である、
リチャードブランソンからネッカー島で
学んだことをシェアします。

リチャード・ブランソンのことを
知らない人もいると思うので簡単に
ご紹介します。

リチャード・ブランソンはバージンレコードや
バージンエアなどの航空会社をもつ
バージングループの社長です。

彼はカリブ海にネッカー島という
プライベートアイランドを持っていて、
僕自身毎年4回ほど訪れています。

そこでは、業界のトップの起業家たちが
情報を共有したり、アイディアを出したり、
ご飯を食べたりする
マスターマインドという集まりが
年に1回に行われます。

僕も4年前にリチャード・ブランソンに出会って、
そこから毎年参加しています。

そこで彼から学んだ3つのこと
についてシェアします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、一日にたくさんのアクティビティを入れる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ストーリーを話していきます。
まずネッカー島に着くと、その日は遅くまで
パーティーをしました。
そして、次の日に僕が9:00ごろに
目が覚めて朝食を食べに行くと
ちょうどリチャードもいて
話しながら食べていると、彼は7:00から
テニスをしたりメールのチャックも
終わらせていました。
そして、午後にはミーティングがあったり
昼からはカイトサーフィンを
するんだと言っていました。

一日の中に色々なアクティビティを入れること、
それが彼にとって生産性を上げるコツ
なんだと思いました。

一つのことをしていたら、
飽きたり生産性が落ちたりします。
そうではなくて、一日の中に仕事や遊び、
一人の作業やチームでの作業、たくさんの
アクティビティを入れることが秘訣だと
いうことを教わりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、毎日ハッピーになることを1つする。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ストーリーの続きがあるんですが、
ランチのタイミングも一緒で
午後は何をするかと聞かれたので、
ちょっと仕事をするよ、と答えると
午後からは仕事をしちゃダメだよと言われたのです。

彼のモットーとしてランチ以降は
仕事をしないんです。
彼は午前のうちに仕事を終わらせて、
午後は好きなことをするんです。

多くの人は週末や月に1回など
決まった時にしか好きなことが
できないなどあるかもしれません。

しかし、そうではなくて毎日するんです。
とにかく何かしらハッピーになることを
一日の中に1つ入れるということです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、自分より、頭のいい人を雇う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人を雇う時に、自分より仕事ができる人だったり
収入の高い人を雇うのは怖かったりすると思います。

しかし、そうではなくて
自分にできないことをできる人や
自分がしたことがない経験をした人
などを積極的に雇うんです。

僕自身もマネジメントは得意ではないので
自分よりも得意な人に任せています。

リチャードブランソンさんも何個もの会社で
社長を雇って、できる人をさがしていきました。

そして、達成したいビジョンというのを
チームとして一緒に達成してきました。

あなたも達成したいビジョンや夢があるなら、
一人でやろうとするのではなく、
優秀なパートナーなどを雇って、
一緒に達成することを意識してください。

今日シェアした3つのことを
意識することによって、
ビジョンが達成しやすくなったり
夢が叶いやすくなります。

また数ヶ月後にもネッカー島に呼ばれて
いるので行こうと思っています。

何か聞いて欲しいことなど質問等あれば
この動画にコメントしたり、
Facebookなどでコメントやメッセージお願いします。

そして僕が思うのは、そうゆう刺激的な人に
会うことによって、自分が生き生きと
より良い自分に成長できたり、
人に刺激を与えられるようになることが
大事だと思っています。

これが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという生き方です。