どのようにして大きな変化に対応するのか?

今年から世の中というのは
大きく変化していこうとしています。

アメリカで新しい大統領になったり
環境や景気の変化が起きたりと
これから大きな変化が起きて行きます。

そういった変化が起こるときに
多くの人は対応ができません。

僕たちの人生の中でも
転勤したり、新しい職についたり
新しい家族や人に出会ったり、
もしくは問題が起きたり、
そういったときにどういう風に対応するのか、
これについて今日は話して行きます。

1、その分野でのパイオニアになる

パイオニアとは何かを最初にやる人のことです。

僕の場合であれば、
自分の家族や親戚の中で
初めて日本以外の国に住みました。

僕はパイオニアになろうと
英語を勉強して海外に住んで留学をして、
ビジネスを始めて起業家になりましたが、

それまで僕の周りにはそんな人はいませんでした。
でも僕は最初の一人になろうと思っていました。

もしあなたが何か環境の変化が起きて
自分は何をやったらいいんだろう、
どうやって対応したらいいのかわからないときは
自分はパイオニアになるんだと決めてください。

自分が最初になって新しいことを取り入れよう、
難しいことでも乗り越えていこうという
決意をするということです。

2、最大の問題が最大のギフトであることを理解する

問題が起こるというのは人生の一部です。
でもそれに対してあなたは被害を受ける必要はありません。

もしいろんな問題が起こったとしても
そこから何を学べるか、
そして大事なのは
どういう自分になるかということです。

僕自身が10年前に起業したきっかけは
アメリカの大学に行っていたときに
ある問題が起こって中退することになったことでした。

当時の僕としては最悪の出来事でした。
アパートも物も友達も当時の彼女も
全てをアメリカに残したまま
一人で日本に帰りました。

就職先も特になかったので起業することになったのですが、
今振り返るとものすごく大変だったけど
自分の中で最高で最大の出来事だったと思います。

もし僕が10年前に起業しなければ
こうやってあなたにビデオで話していないし、
本を出版したりすることもありませんでした。

大事なのはどんな問題が起こるかではなく
そこから自分が何を学ぶか、
どういう自分になるかということです。

3、自分自身を常に進化させる

多くの人が何かをできません、
パソコンが苦手です、
人前で話すのが苦手です、
いろんなことがあると思います。

でも僕が今日使っている
スキルの全ては10年前は全く知りませんでした。

10年前は人前で話すのはそんなにうまくなかったですし
ビデオの使い方、撮り方は全くわかりませんでした。

文書や本、セールスレターを書く方法も
全くわかりませんでした。

物を誰かに販売する方法も
全くわかりませんでした。

でも僕が信じていたのは
自分自身に何か問題が起こったときに
それを乗り越えよう、学ぼう
身に付けようとそういう決意をしていました。

それがあったから
自分が何かわからないことがあった時でも
それを学んで、そして自分のものにして
乗り越えることができました。

もしあなたが何か大きな変化に直面したり
何か問題があったら
自分にはできないと言うのではなく、
あなたの中にあるそれを乗り越える能力、
これを身につけてください。

そうすることでより良い人生になって行きます。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという生き方です。