【 ポジティブプロジェクション 】

【 ポジティブプロジェクション 】

このスキルをマスターすると、人当たりが良くなり、
大事な同士や仲間ができるようになります。
私たちは、過去の経験により無意識的に
ネガティブな投影をしてしまいがちです。
しかし、どうしたら相手の良い所にフォーカスしていけるのか、
その人の良い所と付き合っていけるのかについて話していきます。

1.相手が苦労してきたことに共感する

相手が冷たそうに見える、
人当たりが良くなさそうに見えても
もしかしたら過去に苦労や、
失敗した経験があるかもしれないので、
その過去の経験に共感し、
逆に相手が過去に成功してきたことを
認めてあげることが大事です。

2.相手にすごい興味を持つ

なぜ人と繋がりにくいのかというと、
相手に興味を持たないからです。
表面的な会話だけではなく、
相手がどんな人生を生きてきたのか、
どんなことに興味を持っているのかを聞いてみてください。
それについて質問や情熱を持って、
相手の良い所を聞いてみる事を
意識してみてください。
そうすると、相手の良い所を見つける事ができるし、
興味を持つ事ができます。

3.悪いエネルギーを相手に投影しない

毎日沢山の人に出会うと思いますが、
その中で受ける悪いエネルギーや、
ネガティブな気持ちは流して、
新しく出会う人に持ち込まないようにしましょう。
例えば、イライラしていたり、
過去に失敗した経験を引きずっていたりすると、
自分のネガティブなエネルギーが相手に投影されてしまいます。

出会う人とは常に新しい気持ちで、
興味を持ちどんな人なのかを聞いていく事、
自分にとってどんな人なのか、
自分がどう思うのかという事を重症視してください。

4.会った人たちの未来が良くなるように願いを送る

私は、人と会う時に縁があると信じています。
縁があるとしたら、その人の未来が良くなる事を
思い、言葉で伝える事で自分の成功を
願ってくれてる事が伝わります。

必ず、相手の夢や、やりたい事を聞いて
自分が成功を願ってあげると、
相手に良い印象を与えることができます。
何が1番良いかというと、
相手にポジティブな投影ができるようになることです。
人間関係というのは自分を映し出しているので、
もし人間関係が上手くいっていないのであれば、
自分の中の問題を投影してるということになります。
なので、ポジティブな投影をしていくと、
良い関係を持てるようになります。

このビデオを見た後は、相手に良い投影をしていく事や、
良い所を見つけてあげる事、
役に立てる事を相手に伝える意識をしてみてください。
これがハイパフォーマーの人生です!