【英語がペラペラになる方法】

【英語がペラペラになる方法】

こんにちは、井口晃です。

よくどうすれば英語が
ペラペラになれますかという
質問をいただきます。

僕自身も21歳までは
全く喋れませんでした。

中学、高校と普通の学校教育を
受けていて特に高校では、
あまり勉強をしなかったので
全くできませんでした。

では、どうやって話せるように
なったのか、その勉強法と
加速学習法もお伝えしていきます。

僕自身もアメリカに住んでいて、
海外でビジネスもしていますが、
やはり英語が話せると、
世界中に友達ができますし、
人生の幅が広がります。

統計でも、英語を話せる人の方が
平均年収が高いと言われていますし、
メリットが非常に多いです。

ーーーーー
1、聞く
ーーーーー

まず聞きまくりました。

大学生の時に英語の
勉強を始めました。

大学までの1時間の
通学時間を使って、
行きも帰りも英語のCDを
聞いていました。

毎日、必ず聞いていたことで、
英語にも慣れてきますし、
まず聞くということが
最初のステップになります。

初めは全然わからないのですが、
あなたの憧れている人や、
学びになるような内容のものを
聞きます。

例えばあなたが経営者で、
マーケティングを学びたいと
思ったら、マーケッターで有名な
ジェイ・エイブラハムやダン・ケネディ
こうゆう人のCDを聞いてみる。

ポイントは、聞き流すのではなくて
集中して、想像を膨らませて
理解できるように聞くということです。

どこで買ったらいいかというと、
今はPodcastがありますよね。

僕もPodcastに出していますし、
「Akira Iguchi」で検索すれば
英語でも出しています。

ーーーーー
2、話す
ーーーーー

話せるようになりたければ、
当たり前ですが、
たくさん話す練習をすると
いうことです。

話す機会を作る必要が
ありますが、
僕は海外に友達もいないし
話す相手がいない場合でも、
声に出して英語を音読するんです。

声を出すことによって、
英語は口に馴染んでいきます。

僕らも国語の授業の時に
音読しましたよね。

それと同じように自分の学びたい内容の
英語の本を購入して、1日1ページ
声に出して音読してみてください。

音読もただするのではなくて、
先ほど言った、CDの発音を
真似しながらやっていくということです。

今はこれもそうですが、
YouTubeに字幕のついた映像も
あるので、その人になりきって
英語を話してみてください。

もちろん誰かと話せるなら
会話をした方がいいですが、
1人でも話す練習をしてみてください。

ーーーーーーーーーーーーー
3、英語を話す空間に行く
ーーーーーーーーーーーーー

おそらくこれをみている多くの人は
日本にいると思いますが、
それを少しずつ英語の空間に
してみてください。

どうゆうことかというと、
例えば僕は、携帯の設定も
パソコンの設定も
英語にしてるんですね。

ポストイットを自分の部屋に
ペタペタ貼っていきました。

そのほかにも、海外のドラマや
映画を英語字幕で見ました。

つまり、自分の身の回りに
どんどん英語を増やしていく
ということです。

そうすると、自分の脳が
だんだん英語に変わって
いったのを覚えています。

もちろんベストは、
実際に自分が行きたい
英語が話せる場所に
旅行や留学をすることです。

ちょっとしたことですが、
その現地で今ならUberなどを
使うと英語を話しますよね。

全ては英語の練習だと思って
Airbnbで泊まってみたり、
レンストランやバーに
行ってみる。

日本でも六本木や新宿の
バーに行って積極的に
話してみる。

最初は恥ずかしいと思います。
でも、失敗してもいいから
間違えてもいいから
積極的に話す練習を
してみてください。

これが英語を話す秘訣ですし、
これを続けていくと
英語を話すのが当たり前に
なっていきます。

これが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。