【人生を大きく変えるには、今すぐ〇〇〇ことを決意する!】:井口晃

【間違ったことを今すぐやめるという決意】

こんにちは、井口晃です!

今日、あなたに話していくのは、
間違ったことを今すぐやめるということです。

多くの人が間違ったこと、間違った行動、考え方
人間関係を人生の中で持っているにもかかわらず
昔からこれは自分のくせだから、昔からやっているから
昔から自分はこうだからという理由でやり続けてしまう。

例えば健康の習慣とかもそうですよね。
多くの人が昔からタバコを吸っているから
という理由でずっとすい続けてしまう。

これは体に良くないとリサーチで出てるわけですよね。
それにもかかわらずタバコを吸い続けてしまう。

なぜか。
それは悪いくせ、悪習慣を身につけてしまっているからですよね。

これは何も健康だけではないですよね。

例えば考え方でも、
どうせやっても無駄だから手を抜こうとか、
自分にはこんなもんかな、そういう考え方のくせ
をつけてしまう人も多いです。

もしくは人間関係もそうですよね。
昔から友達という理由だけで
自分はこの人といるとどんどん悪口を言うように
なったり、ハッピーじゃない気持ちになってるのに
昔から友達という理由だけで一緒にいてしまう。

ということがあるわけです。

だからその間違った習慣を手放さなければいけない。

では、どうやるか。
それを話していきたいと思います。

僕も仕事柄、たくさんのハイパフォーマーと
呼ばれる人たちに会います。

多くの素晴らしい結果を残してる。
そうゆう人たちは、どうゆうことをしているかというと、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1、自分自信を嫌な気持ちにさせること、
飽きてしまっていること、向いていないこと、これをすぐに手放す。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

多くの人は優柔不断になって手放さない

昔から付き合っているから、昔から自分はこうだから、
ズルズル1年も2年も、5年も10年もやり続けるわけです。

そうするとですね、気づかない無意識のうちに
自分の健康に悪い、無意識に自分のお金、金銭的な状態に悪い、
無意識な自分の考え方に悪い、無意識な悪い行動なのに、
それを直さないということになってしまう。

なのでやめる時は潔くやめます。

例えば僕の例話していきたいと思いますけども、
僕自身も健康に良くない習慣というのを持っていました。

これ何かというと、お菓子ありますよね。

ああゆうのが昔好きで、チョコとか、
アメリカに留学した時に、パーティーサイズみたいなものあるじゃないですか。

ああゆうのを買って、1個食べちゃうと辞められなくて
最後まで食べないといけないみたいな。
そうゆうくせを持っていたわけです。

それを長いこと続けていて、
これは良くないなとって思ったわけです。

これを何年かやって、3年くらい続いたと思います。

週に1回から2回食べていたんです。

それを辞めるって決めた時に、
ちょっとずつ減らそうとかではなくて、
一気に辞めたんです。

もうそうゆうのは買わないって決めたわけです。

今もそうゆうスナック菓子はたまに食べますよ。

年に1回とか2回とかそうゆう感じです。

だらだらだらちょっとずつ減らそうと思うと
人間って辞められないんです。

なのでその時に考えるんです。
これを続けていたらどうかなってしまうかなって
どんな悪い状態になってしまうかな。

多くの人がちょっとくらいいいかなって思ってしまうんです。

健康なこと考え方。
でもちょっとの毒を取り続けたら、
死んでしまいますよね。

同じです。

ちょっとだけの人間関係もそうです。

ちょっとだけこの人に会うくらいいいかな。
それが癖が移っていくんです。

なのでそうではなくてそれを辞めるということです。

思い切ってやめる。

これを続けるとどうなるかな。
どんな悪い影響があるかな、
1年後、5年後、10年後。

これを考えてみてください。

そしてやめる時にはスパッと、
思い切ってやめるということ。

2番目これは何かっていうと

自分の生き様を考えるということ。

これどうゆうことかっていうと、
多くの人が何かをやるんですけど、
それが今仕事だからやらないといけないとか、
今なんとなくやらないといけない。

っていう自分の行動に対して、
あんまり真剣に考えないですよね。

僕自身、例を話すとわかりやすいんですけど、
高校生のときに1ヶ月くらいで辞めちゃったんですけど、
マクドナルドでアルバイトしてたわけですよ。

別にそこで働くことがいい悪いじゃないですよ。

僕はそこで働いていたんですけど、
バーガー作ったりとかポテト揚げたりしてたんですよ。

めちゃめちゃきつかったわけですね。

もう何時間も働いて重労働で、
すごい忙しいとこだったわけですよ。

大阪の真ん中でね。

それを何週間か続けた後に、
16歳くらいですよ。

考えたんです。

どこからこの質問がきたかわかんなですけど、
自分はもし10年後この仕事をやっていたとしたら、
これをやったことを誇りに思うかなって考えたわけですよ。

考えたんです。
自分はマクドナルドで重労働をしている。
大変な仕事をやった、そこで人間関係を学んだ、
大変な仕事をやり遂げた。

これはいい経験になりました。
誇りに思うと思います。

でも、もし1年後もその仕事をやり続けていたら
おそらく自分は誇りに思わないだろうなって思ったんです。

それで次の日に決めました、やめよう。

それで次の日にやめたんですね。

やめるっていう決断を早くする。
もしあなたの仕事だったり、習慣だったり、
人間関係が、自分が10年後振り返った時に、
それを誇りに思うかなって。

やってよかったなって思うか。

そうじゃなかければその日にやめる。

これを意識してください。

そしてやめる時には、ズバッとやめる。
自分の生きがいとか生き様、
10年後自分はどう思うかなこれを考えてみてください。

そして3つ目、
一番難しいし、一番大変なんですけど、
準備ができていない人を手放す覚悟を持つ。

これはどうゆう意味かというと、
おそらくこれをみているあなたは、
起業家だったり個人事業主かもしれない。

会社で働いているかもしれない。

結婚されているかもしれない。

その中で自分がやっている
人間関係の中で、この人は準備できてないなっていう人いますよね。

例えば、会社を運営していて
僕も起業家ですけど、
この人は本気で仕事ができていないな、
ハードワークができていないな。

何度言ってもミスを直さないな。

これは準備ができていない証拠なんですね。

そうゆう人がもしいたとしたら、
仕事の中でもそうです。

もしくは男女関係でもそうですよね。

もしあなたが真剣に誰かと付き合いたい、
それから結婚したいと考えているにもかかわらず、
あなたの相手の人がそう考えていなければ、
よくないサインですよね。

これは大変だし、勇気がいります。

でも、そうゆう時にはその人と離れる。
その人と別れる。

もしくは、やめてもらう会社を

もしくはビジネスを一緒にしていたら、
一緒にやらない。

こうゆう決意をする必要があるわけです。

こうゆう風にやっていくと、
行けるわ自分自身っていうのは次のステージにけですね。

これは大変ですよ。
人から離れたりとか、特に昔から付き合っている恋人とか
友人関係とか、一緒に働いてる人とか

でももしあなたが次のレベルに行きたい、
ハイパフォーマーとして生きがいを残したい、
人生を変えていきたい、最高の結果を残したいのであれば、
準備ができていない人たちは、自分の生活の中から
彼らが間違っている正しいではなくて、
あなたがもし最高の人生のレベルにいきたいと思うのであれば、
それを決意してその人たちと別れるとか、
ビジネスをしない、仕事をしない。

これを決意していくことが必要になってきます。

今日のトピック結構重かったりとか、
大変だったりとか人間変わりたくないですよね。

でも人間っていうのは行動をすることによって、
一歩を踏み出すことによって人生が変わっていきます。

そして自分の中から正しくなもの、間違ったもの、
不健康なもの、自分を不幸せにするものを手ばなしていく。

これによって、あなたの人生は大きく変わっていきます。

そして本来の自分自身になれます。
そして自分が結果を出せるように変わっていくので
ぜひ今日話した3つのステップをやってみてください。

それが僕が呼んでいる、
ハイパフォーマーという人生です。