【不安を力に変える方法】

【不安を力に変える方法】

こんにちは
井口晃です。

人生の中で不安を感じた事はあるでしょうか。

僕はたくさんあります。
今でももちろんあります。

例えば、セミナーで話す前であったり、
ビデオを撮る前であったり、
知らない人が多くいる場に
行く時であったり、
新しいことに取り組む時などに
不安を感じます。

多くの人が不安を感じた時に、
チャレンジするのをやめてしまいます。

自分は十分じゃないと思ったり、
自分には向いてないとか
不可能なのではないかと
悩んでしまう訳です。

そんな不安に打ち勝ち、
なおかつそれを力に
変える方法というのを
具体的に3つ教えていきたいと
思います。

ーーーーーーーーーー
1、自信をつける
ーーーーーーーーーー

小さな行動をとっていくこと
によって、それが自信につながる
訳です。

多くの人がいきなり大きなことに
トライしようとします。

例えば、何百人の前で話したいと
思った時に、最初は5人の前、
10人の前で話していく。

そこで、話すことに慣れて
自信をつけていきます。

小さな成功体験を積む
ということです。

僕自身も今では2000人の前、
5000人の前で話すこと
をやっています。

しかし、最初は3人、5人の前
で話すことをしていました。

それがあったからこそ、
何百人、何千人の前で
話す時にも不安が少なく
なりました。

何か大きな夢があるならば、
小さな一歩を積み重ねていく、
これが不安を力に変えていく方法です。

あまりに大きなことをやろうと思った
時にそれに圧倒されてしまうのです。

そうではなくて、小さなことを
達成していく。

これを意識してみてください。

ーーーーーーーーーーーー
2、フィードバック=力
ーーーーーーーーーーーー

多くの人が小さな一歩を踏み出した
時に一回でやめてしまうのです。

セミナーや、コーチング、情報発信、起業
と多くの人が1回やってうまくいかなければ
それで諦めてしまうのです。

存在するのは、結果だけで
失敗というのは存在しないのです。
それはフィードバックです。

1度チャレンジして、うまくいかなかった
これにはどういう意味があるんだろう。

例えば、セミナーを開いて人が集まらなかった。
ならば、集客について学ばなければいけない。
より多くの人が集まる企画にするには
どうすればいいか。
これがフィードバックです。

参加者の方に改善点などを聞き、
フィードバックをもらうのです。

常にあなた自身が成長を求めるなら
必ずフィードバックをもらってください。

自分だけの改善には限界があります。

より成長するには、自分よりもステージの
高い人からもフィードバックをもらうのです。

得たい結果が出ない時に、
どうしたら得たい結果を得られるか
何か変えられる事はあるか、
これを自分自身で考えてください。

僕自身も起業した時から、今もなお
常に考えています。

僕がフィードバックする時は
この結果はどうだったか、
自分自身はその結果に満足か
もっとよくするためにはどうするか。
こういった質問を常にしています。

この改善の質問を常にすることで
自分自身が成長し続けていける訳です。

ーーーーーーーーーー
3、拒絶は存在しない
ーーーーーーーーーー

多くの人が不安に感じるのは
人から拒絶されることです。

例えば、自分が誘った時に
断られたらどうしよう。

何かを販売した時に
拒絶されたらどうしよう。

セミナーやお茶会を開いて、
誰も来なかったらどうしよう。

しかし、あなたを拒絶する人は
何もできないのです。

あなた自身を拒絶することは
誰にもできないのです。

どういうことかというと、
たとえ、あなたの商品や
セミナーを拒絶したとしても
その人はあなたの人生を全て
知っているわけではないのです。

たまたまそのアプローチが
拒絶されただけなのです。

たまたまその人は、その企画に
興味がなかった、その時の態度が
合わなかった、オファーに問題があった、
販売の仕方に納得できないところがあった、
原因は違えど、たまたま合わなかった
というだけなのです。

これらのアプローチを変えれば
いいだけです。

あなたという人間を拒絶することは
誰にもできないのです。

あなたができることは、
そのアプローチを改善していくと
いうことです。

大事なのは、進化をし続けると
いうことです。

人間、不安を感じるのは当たり前です。

その不安を
今日いった3つのことを意識して、
不安を力に変えていく。

そして、不安を力に変えていけば
より大きなチャレンジに
取り組むことができたり、
より多くの成功をつかむことが
できたり、より自分らしい自分
になっていくことができます。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。