【インアターネット上で情報発信をするには】

【インターネット上の情報発信をするには】

こんにちは
井口晃です。

今日あなたにお伝えしたいのは、
多くの人がまだ気づいていない
まだ取り入れていない
インターネット上での情報発信の
応用編です。

情報発信というのは、
YouTube、Facebook、
Podcast、ブログ、
メールマガジン、
Instagramなど
たくさんあります。

どこから手をつけたらいいか
わからない、もうすでに始めているけど
いいねがつかない、集客できない、
商品が売れないなどあると思います。

どうすれば売れるようになるのか、
売れるようになる人の
情報発信の秘訣をお伝えしていきます。

ーーーーーーーーーー
1、Facebook Live
ーーーーーーーーーー

今、すべてのものがLiveに
なっています。

例えば、スポーツもそうです。
テニスでもサッカーでも野球にしても、
すべてLiveです。

録画されたものは、
いつでも観れるなど
もちろん価値はあります。

ただ一番価値があるのは
Liveなのです。
今Liveにものすごく価値が
置かれています。

今この瞬間、世界で何が起きているのか
あなたは何を考えているのか、
どこで、何をしているのか
これがみんなが気になっているものです。

もしあなたが情報発信をするなら、
まずFacebookLive、
それから、YouTubeLive
InstagramLiveをしてみてください。

見ている人に女性や若い人が多いなら、
InstagramLiveを取り入れてみてください。

FacebookLiveを続けていくと、
僕は一週間に1000人以上フォロワーさんが
増えるということが起こっています。

あなたが情報発信の中で、Liveを取り入れて
いないなら必ずFacebookLive
を取り入れてください。

多くの人が、飲み会の場であったり
歩くところを載せています。

それでも問題ありません。

しかし、応用するためには、
価値を提供するということです。

それを見た人が、勉強になる、
学びになる、新しいことを知れる、
悩みの解決策になる、
これをLiveで提供する。

ここに価値があるので、
これをやってみてください。

あなたが何かのトピックで、
エキスパートになりたいと思ったら
毎日発信していってください。

時間がない人でも、週に一回は
FacebookLiveをする。

僕自身もFacebookLiveローンチと
いうのをやっています。

これを取り入れることによって
さらに多くの人にリーチでき
多くの人に価値を提供できる
ようになります。

ーーーーーーー
2、電子書籍
ーーーーーーー

電子書籍というのは、
AmazonのKindleで
どんな人でも出版できるように
なっています。

商業出版というのは、
ハードルが高いわけです。

出版社の人と知り合わないと
いけない、企画が通らないといけない。

僕自身、企画で落ちたことも何回も
あります。

企画が通ったとしても、
実際出版されるまでに、
早くても半年はかかります。
長くて1年かかることもあります。

なので、本を出したいと思っても
時間もかかるしハードルも高いです。

しかし、電子書籍は明日にでも
出すことができます。

そして、Amazonであなたのカテゴリで
No. 1になること、これは可能です。

さらに応用すると、売り出した電子書籍を
オンライン上で無料プレゼントにすると、
多くの人がメールアドレスを
残してくれるわけです。

なぜなら、すでにAmazonで
売られているという
価値があるからです。

多くの人が無料でもらえる
動画、音声にはあまり価値がない
と思っています。

しかし、何百円でも
実際に売られている
電子書籍を無料でもらえる
ということには価値があると
理解してもらえます。

ブログなどを書き溜めている人は、
それを編集して、カバーをつければ
それで完成なわけです。

そういう意味でも電子書籍を
出版するのです。

それが一つの流れになっています。

ーーーーーーーーーーー
3、オンラインサロン
ーーーーーーーーーーー

昔から会員制ビジネスと
呼ばれています。

DMMやシナプスなどがあります。

例えば、ホリエモンなどの多くの
有名人も使っています。

何がいいかというと、
プラットフォームができていることです。

DMMのブランドが使えて、
集金などもしてくれます。

そのオンラインサロンの中の
オフ会やイベントなどでも、
やはり価値提供をするということです。

多くの人が、たくさんの交流をしたいし、
旅行に行ったり、飲み会をしたり
繋がりを求めています。

僕自身も、高額のマスターマインドであったり
年間のコースというのをやっています。

多くの人は、月に数千円〜数万円のゆるい、
半永久的に所属できるものを探します。

そして、そこでも価値提供をするのですが、
ゲストを呼んだり、旅行に行ったり
飽きさせない、アクティビティを
入れていく。

数あるオンラインサロンの中でも、
差別化をしていく。

これを意識してみてください。

今日話した3つのこと、
これが時代のトレンドになっています。

なんでもそうですが、いち早く
トレンドに乗る、そしてそれを続ける。

多くの人が、続けることをしません。

僕自身はブログの更新もしていますし、
ビデオも撮っています。
本も、年に1冊は出し続けています。

やり続けることが重要です。

これがオンライン上での
情報発信の応用編になりますので
ぜひ取り入れてやってみてください。

そうすることで、多くの人に価値を
与えられて、多くの人があなたのところに
集まってくるようになります。

それが僕が呼んでいる、
ハイパフォーマーという生き方です。