【やりたい事は全部やれ】:井口晃

【やりたい事は全部やれ】

こんにちは、井口晃です。

今日話していくのは、やりたい事は全部やれ
究極のタイムマネジメント法という事で
自分の人生でやりたいことを全部やるための
時間管理の方法について
話していきたいと思います!

人生というのは時間でできているから、
人生=時間
な訳です。

あなたがやりたいことを全部できるように
なるには、自分の人生をコントロールする
ここを決めるわけです。

誰かがあなたの人生をコントロールするのではなく、
自分でコントロールするということです。

これを意識してみてください。

では、どうやって時間管理をしていくのか、
時間管理ができるようになると、
僕自身、毎年やりたいことが全部できるように
なっています。

それによって、どんな結果が出たかというと
一年に1冊もしくは2冊本が出版できるようになりました。

そして、それが日本で1位になって
ベストセラーになったり
累計で20万部を突破して、
中国や台湾、韓国でも発売されるようになりました。

アメリカでも、同じようにビジネスをしていて
あなたの情熱をどのようにビジネスにするのかという内容の
本を出版することができました。

書くのに1年くらいかかりましたが、
それくらい、本を書く時間が作れました。

さらに、セミナーも去年は2000人セミナーを
しましたし、今年も3000人のセミナーをする予定です。

それからオンラインローンチですね、
一回のローンチで5億とか3億とか、
とにかく億を超えるプロモーションというのを
17回連続でプロモーションしています。

今は、アメリカに半分住んで、
4ヶ月は日本、合間には
シンガポールやドバイ、
ヨーロッパに旅行だったり
チャレンジだったり、冒険だったり、
ビジネスだったり、
いろんなことをやっています。

これは自慢でもなんでもなく、
自分で自分の人生をコントロールできたら、
こういうことが可能だということです。

あなたは今なにをやりたいでしょうか?

あなたに時間があったらやってみたいと
思う事はなんでしょうか。

なぜ多くの人が時間に対して、
本気になれないかというと無料だからです。

人生というものがタダで与えられたと
思ってしまっているんです。

例えば、人との約束に遅れたり
僕も遅れる事はありますけど、
でももし、1分1万円払わなきゃいけないと
言われたら絶対送れないと思うんですよ。

自分の時間、人の時間が有料であると
意識する、さらにはその自分の時間を使って
チャレンジしたい事や目標が明確になっていれば
多くの人は時間を無駄にしないはずなんです。

ステップに分かれているので
順番に行きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー
1、人生をプロジェクト化する
ーーーーーーーーーーーーーーー

これは、どうゆう意味かというと、
多くの人は、やりたいと思っても
できたらいいなとか、
いつかやれたらいいなとか
本気になれないなと考えています。

何かやりたいことをプロジェクト化していきます。

例えば、本を書きたいなと思っているけど
かけていない、それを本を書くという
プロジェクトにします。

起業したいけどできていない、
そしたら起業をするということを
プロジェクト化します。

プロジェクトというのは、
大掛かりで、1年単位でやるときは
そこにチームメンバーがいたり、
マイルストーンと言って、
どのように進んでいるか
明確にしたり、
途中の目標を決めたりしますよね。

あなたが1人で何かをしよう、
時間の制限もないとしたら、
いつまでも達成されないです。

なので、あなたが人生で何かを達成しようと
思ったらプロジェクト化することが必須です。

では、どのようにプロジェクト化したら良いのか
主に3つの檀家に分けます。

1、仕事
あなたがこの1年で何か1つ
これが達成できれば良いというものを
決めます。

2、健康
多くの人が健康には気を配らない、
だからエネルギーが上がらない。

健康というと2番3番になってしまう。

そうではなくて、健康やエネルギーに対して
何かチャレンジをする。

例えば僕だったら、サハラマラソンと言って
サハラ沙漠を150キロ走ったわけです。

これもプロジェクトでした。

何か健康に対して
プロジェクトを持つということです。

3、男女関係

多くの人が男女関係が欲しいんだけれども
うまくいっていない、時間、お金をかけれていない。

これ以外にも作っていいんですけども、
自分が人生で何を手に入れたいのか、
明確にしていく。
そして、プロジェクト化していく。

1年後どうなっていたいのか、
何を達成していたいのか、

そして3年後にどうなっていたいのか、

さらに僕が重要視しているのは、
7年後どうなっていたいか、

長期計画、長期的ビジョンを作ります。

そしてその目標を達成するには、
どんなチームを組んだらいいか、
どんな人か必要かということも明確にしていきます。

例えば僕がベストセラーを出したいと思ったとき、
ベストセラーのプロデューサーの人が必要で
編集者の人、ライターさん、企画とか、
そうゆうチームを考えたわけです。

あなたのプロジェクトにふさわしい人は
入っているでしょうか、
入っていなければ達成されることはないです。

その人のことを知っている知っていないは
関係なく、とにかく書いてみる、リストアップしてみる
ということです。

その次はマイルストーンです。
3つのステップに分けてみるということです。

例えば僕が、10万部達成したいと思ったとき
第一ステップとして3万部売ろう、
次に5万部、7万部売っていこうと、
中間目標を立てていきます。

そして、中間目標ができたら
小さな行動、アクションプランを立てていきます。

この小さなアクションプランというのが重要です。

小さなアクションプランがないから、
大きな目標だけあって、行動しないわけです。

まずプロジェクトを作り、
1年後、3年後、5年後、7年後までの
ビジョンを立てる。
ここには具体的な数値も入れます。
そしてそれにはどうゆう人が必要なのか。

それに伴ったマイルストーン
つまり中間目標を具体的に立てます。

そして、それに伴って必要な小さなアクションプランまで
決めていきます。

これを実行に移していく。

これはビジネスにはもちろん使えますし、
健康にも使えます。

人間というのは、自分のためよりも
チームのためとかコミニティのため
誰かのための方が諦めないし、
やる気にもなるし、頑張れるわけです。

それを一番大事にします。

僕は、ビジネスでも健康でも男女関係でも
本の出版でも講演会でも全てプロジェクト化します。

僕はこれをGood to greatといって
ビジョナリーカンパニーという本を読んだ時に
書いてあったのが、

何を達成するかじゃない、
プロジェクトは誰をバスに乗せるか
これが大事なんだ

ということです。

あなたがプロジェクトを達成したい時に
そこにどうゆう人が乗ってるのか
どうゆうスキルを持っているのか
どのように役に立ってくれるのか、
真剣に考えてください。

そうゆう人たちを雇うのにお金がかかる、
出会うのにお金がかかる、
投資すべきです。

ーーーーーーーーーー
2、カレンダー管理
ーーーーーーーーーー

プロジェクトを実行を移す際に、
多くの人がカレンダーにスケジュール管理を
しないから、後回しになっていってしまいます。

今、あなたが使っているスケジュール帳を
出してみてください。

iPhoneかもしれないし、手帳かもしれないし
グーグルカレンダーかもしれません。

僕は、グーグルカレンダーと
iPhoneのスケジュール帳を同期させています。

例えば1年後までに起業したいとしましょう。
そしたら逆算して、スケジュール帳に書いていくわけです。

この日までに会社を設立する。
この日までに会社を辞める。
この日までに、副業で収入を得る。

その度にイベントがありますよね。
それを具体的に書いていく。
予定に入れていく。

多くの人がカレンダーに落とし込まないので、
やりたいこと、達成したいことが夢のままに
なってしまいます。

カレンダーに落とし込んだ時、
予定に入れた時、その夢は
現実になります。

これは、僕がアンソニーロビンズから学んだ
一番大事なことで
夢や、達成したことがあったら
具体的な行動でカレンダーや予定に
落とし込んでいけと言われました。

それ以来僕は、何かよ手を決めたら
必ずその場でカレンダーに落とし込みます。

その場で決めればそれは、実行できますよね。

そして、スケジュールを決めてもしできないことが
あったらどうしたらできるのか、できることを
入れていきます。

これが勝者と敗者、できる人とできない人の違いです。

できない人はできない言い訳を探します。
できる人はできる言い訳を探します。

これは日々のひとつひとつの行動に
現れていると思ってください。

何かやりたいことがあったら、
簡単に諦めない。

何かビジネスでもプライベートでも、
達成したいことがあったら先にそれを決める。

そして、逆算して、カレンダーに落とし込んで
日程をもう抑えてしまいます。

そして、カレンダーにはもう入っているので、
できる方法を探します。

先にゴールを決めて、逆算して
できる方法を考えていく。
これができる人の考え方です。

逆にできない人は、
タイミングが来たらやろうとか、
気が向いたらやろうと考えます。

完璧なタイミングはいつになっても
来ません。

あなた自身ができなければ
お金を払ってもできる人を探す。

この行動をできるかできないか、
これで人生が決まります。

あなた自身もできる方法を探す、
そのために必要なスキル人脈を構築していく
ということです。

もし、あなたが大きなことを達成したい
と思ったら自分1人の力ではなく、
多くの人の力を借りて、
一緒にやって行くことが大事になっていきます。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。