【ぶれずに生きる方法】

【ぶれずに生きる方法】

こんにちは
井口晃です。

今日お伝えしたいのは、
人から批判されたり、
反対されたりしても、
自分の信念を貫いて、
ぶれずに生きていく方法
についてです。

僕もそうですが、
人間というのは
良くも悪くも
影響されやすい生き物です。

信念を持って
生きていく方法について
お話しして生きたいと思います。

ーーーーーーーーーーー
1、ロールモデルをもつ
ーーーーーーーーーーー

憧れの人であったり、
なりたい人であったり
見本になるような
強いロールモデルをもつ
ということです。

僕であれば、スピーカーだったり
リチャード・ブランソンという
とてつもないメンターが
いるわけです。

その人の姿を見ていると、
多くの人に影響を与え続けていたり、
自分も頑張らなきゃと思い、
ぶれるわけにはいかないわけです。

僕自身も10年間スピーカーや
コーチをしたり、本を書いたり
しているわけですが、
それも強力なメンターたちの
影響があります。

ーーーーーーーーー
2、感謝の声を聞く
ーーーーーーーーー

多くの人は、
批判ばかりを耳に
入れます。

やめたほうがいいとか、
才能ないよとか、
僕も何度も言われてきました。

その度に落ち込んだりも
しました。

その時に、どうしたら
もっとよくできるだろうかと
改善を繰り返してきたわけです。

改善していくと、
人は成長していくことができます。

僕自身も、昔のクライアントさんからの
感謝の言葉や手紙をたまに見返します。

それによって、自分が
やっていることは間違ってないんだ
と再認識することができます。

自分がくじけそうになったり、
落ち込んだ時には、
感謝の手紙を見返したり、
励ましてもらうことで、
自分のやっていることの
意味を再確認することができます。

ーーーーーーーーーーー
3、自分自身を信じる
ーーーーーーーーーーー

精神論と思われるかも
しれませんが、
多くの人が自分を疑ってしまうんです。

過去に失敗していても、
根拠がなくても、
自分を信じ続けるんです。

才能があることを信じる
のではなくて、
能力を身につけることによって、
次のステージにいける、
やり続けることができる、
という信念を持つということです。

そうすることによって、
人から批判されたり、
反対されたりしても、
それは成長するための
過程なんだと思えるように
なります。

これを意識すると、
ぶれない自分らしい生き方が
できるようになります。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという人生です。