【どうやってリスクをとるか?】

【どうやってリスクをとるか】

こんにちは
井口晃です。

今日あなたにお話していきたいのは、
どうやってリスクをとるかと
いうことです。

多くの人は、リスクと聞くと
リスクはとりたくないとか
怖い、危ないという
ネガティブなイメージ
を持つと思います。

しかし、リスクというのは
ネガティブな意味ではなくて
成長の機会なんです。

今までと同じことを
していても、何も
変わらないというのは
あなたもわかると思います。

なので、少し違ったことを
してリスクをとっていくということです。

ただ無計画にリスクを
とっていくのではなくて
戦略的に少しずつリスクを
負っていきます。

そうすることで少しずつ
戦略的に成長していくことが
できます。

今日は実際に僕自身が
リスクをとるときに
具体的にどうゆうことを
意識しているかを
話していきたいと
思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー
1、少し大きなチャレンジをする
ーーーーーーーーーーーーーーー

例えば起業をしようと
思ったときに今まで
貯金してきた資金を
全部使って丁か半か
のようにやってしまう。

これでは、失敗したときに
経済的にも精神的にも
ダメージが大きいですよね。

そうではなくて、
今までしてきたことよりも
ちょっとだけ大きいことをする
難しいことにチャレンジしてみる
ということです。

僕自身の経験を少し話すと、
今では何百人、何千人の前で
セミナーをしたり、
ほぼ毎日ビデオの前や
人前で話しています。

いつも反している内容や
ストーリーでも満足
してもらえると思うのですが、
それでは成長しないということを
知っています。

なので僕は少しずつ大きな
ステージに立つことをしました。

初めは友人のつながりで
600人規模のステージに
立つ機会がありました。
今までは最大で3〜400人だったのが
その経験で慣れることができました。

次に今度はその規模で
本をセールスしたんです。

普通にセミナーで話すだけでは
なくてセールスをしました。

前回よりもちょっとだけ
難しくなった訳です。

そして、東京で2000人セミナー
もしました。
そのときもものすごく緊張しましたが
それまでの経験があったから
うまくいった訳です。

アフリカでは5000人の前で
英語でセミナーをするという
チャレンジもしました。

それもこれまでステップバイステップで
やってきたからこそ
意外と緊張せずにできました。

あなたにも仕事や何か
活動をするときに
どうしたら前回より
改善して、難しいことに
チャレンジできるだろうか
ということを意識すると
少しずつ成長していく
ことができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2、1人でリスクを取らないようにする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

何か大きなキャンペーンをしようと
思ったときに、撮影費用やロケの費用
広告費などお金がかかる訳です。

僕はジョイントベンチャーといって、
誰かと一緒にやりました。

そうすると最初に費用がかかった
としても、リスクが半分になるので
より大きなチャレンジをすることが
できます。

何か大きなプロモーションをやろうと
思ったときには、それにふさわしい
パートナーを選んで2人の力で
より大きく最大化して、
ただリスクは半分にすると
いうことをやってきました。

そうすることで
自分自身どんどん成長できたし
人生を変えることができました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3、大きなリスクをとると大きなインパクトを与える
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人の役に立つような
リスクを取って良かったなと
思えるようなことをする
ということです。

例えば僕だったら
大きなプロジェクトや
プロモーションをしたときに、
終わってからみんなでお祝いをしたり
あとで感想を聞いたりして、
やって良かったなと思える
ようなことをやります。

やって良かったなと思える
ことをしていくことで、
自分自身も成長していく
ことができます。

リスクを取ったとしても、
誰かに感謝される、役に立つ
収入が得られる、
やりがいのあることを
やってほしいと思います。

それが正しいリスクの取り方で
リスクを取ってもまたやりたいと
思えるようになります。

今日のこの3つを意識して、
リスクのたびに成長していって
ほしいと思います。

それが僕が呼んでいる
ハイパフォーマーという生き方です。